« 私のお気に入りの灯台vol.4 | トップページ | 宇品灯台(広島県) »

2010年7月25日 (日)

音戸灯台(広島県)

Botantoudai今回は、おまけ話に近い様な訪問だった広島県呉市倉橋島の音戸灯台を紹介すOndo1る(写真右上)。おまけ話に近い・・・と書いたのは、実は宇品灯台を海上から見てみたくて、呉市を通り抜けして倉橋島から能美島へと渡り、切串港から広島港までフェリーを利用して宇品灯台を海上から見ることにしたのであるが、その時に音戸ノ瀬戸で、ほんの少し音戸灯台に立ち寄ることができたからだ(地図左上参照)。

Ondochizu1広島中心部から呉市までは道路も整備されていて短い時間で移動できる。しかし呉市を通り抜けして音戸大橋に向かい、倉橋島へ渡ろうと思うと、予想以上に時間がかかった。主要道路である487号線は、呉の工場を海手に見ながら、民家が建ち並ぶ、休山や高烏山の斜面中腹を走るのである。しかも道幅はけっして広くない。音戸ノ瀬戸が近づくと、対岸に音戸灯台の姿が見えているが、音戸大橋周辺は渋滞が激しく、のんびり車を止めている余裕はなかった(地図右中参照)。既に新しい橋の建設が始まってはいたが、現在は道も狭く島との交通などOndochizu2不便が多いだろうと推察された。音戸大橋は、典型的とも言えるループ橋であるがループがきつく目が回りそうだった。

音戸灯台は対岸からしっかりと見えていたのであるが、近くに来るとその存在がかすれてしまう。更に短時間の探索ではあったが、登り口を見つけることが出来ず、離れての写真撮影のみとなってしまった。どこからでも登って行けそうなのであるが、登り口が見つからずうろうろした時に、何件かの古い家が引っ越しの如く家全体を片付けているのを見た。ちょうど道路周辺の工事が拡大してきており、立ち退かれるのかもしれない。

Ondo3音戸ノ瀬戸の海面は穏やかだった(写真左下)。宇品灯台の記事を書くときに紹介するが、海上から宇品灯台を見るために乗った島との連絡フェリーもまったく揺れることなく進んだ。さすがに瀬戸内である。

おまけ話に近いとは言え、灯台に触れていなかった・・・。初灯は昭和34年であり、日本の復興の最盛期に建てられている。広島地方の特別な歴史を考えながら、呉の製鋼場などがあるここ音戸ノ瀬戸を照らしてOndo2きた灯台が見守ってきたものは、あまりにも大きい。時間があれば登り口を見つけて、灯台の位置から呉市を眺めてみたいと感じながらも、この日は時間までに広島に戻ることだけを考え、もう一度下からではあるが灯台を眺め、能美島に向かって車を進めた(写真右下)。

|

« 私のお気に入りの灯台vol.4 | トップページ | 宇品灯台(広島県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のお気に入りの灯台vol.4 | トップページ | 宇品灯台(広島県) »