« 越前岬灯台(福井県) | トップページ | 三角灯台(熊本) »

2010年8月26日 (木)

百貫港灯台(熊本県)

Botantoudai福岡県の門司港を除いて、初めて九州の灯台をこのブログで紹介できる。端的にHyakkankou2言えば、ようやく九州の灯台を巡る機会が持てたのである。と言っても今回は熊本県のみを巡っただけであり、他の灯台同様に、今後九州の灯台も巡り続けて増やしたい。付け加えておくが、もうすぐ熊本も新幹線が開通する。それまでに、と今回熊本を選んで訪ねたのであるが、熊本市内は至る所で新幹線開通に伴う工事が行われており、駅前も工事中であった。きっと次回訪れたときは駅前も大きく変わっていることだろう(写真左上)。

Hyakkankou5さて熊本県の灯台で、最初の記事に百貫港灯台(写真右上)を選んだ理由は単純である。写真が少なく、他の灯台は未だ整理できていない中、最初にフォルダにまとめることが出来たのが、百貫港灯台だからである。百貫港灯台は熊本中心部から西に海岸線に出て501号線を北に向かうと、すぐに目に飛び込んでくる。南から向かうと、一度通り過ぎ、北からなら直進上にHyakkankou3、灯台に続く堤防沿いの道がある。そこに進入して車を止めた。この灯台の前に訪ねた河内灯台が、海から離れて立っていたため、熊本県で初めて海に近づいたのであるが、灯台周辺にはゴミが散乱し、更に堤防近くでゴムが燃えているため異臭が漂っているのである。実は私は、島原湾から天草灘に続く海に対して、藍より青いと言う海のイメージを持っていただけにこの出会いはすごく残念だった。それでも島原湾から天草灘につながっている西の方に目をやると、気のせいかもしれないが、藍色とまでは言わないが青色が少しずつ深くなってHyakkankou4いるような気がして(写真左下)、これから巡る天草諸島に思いをはせて、自分の中のイメージを崩さないようにしていた。しかしこの異臭から受けたイメージは、途中立ち寄った住吉灯台を過ぎる辺りまで残っていたのも事実である。

灯台は下の部分が補強され海岸線沿いに立Hyakkankouchizu1_2つが、堤防上に立っているわけではない。昭和27年に松尾町に立てられ(地図右下)、この地は島原湾の一角として最も熊本市に近く入り込んでいる。灯台を頂点に501号線で囲まれた小さな三角のエリアには神社もあり、狭くても歴史上この地が特別な場所であったことは想像できる。しかしくどいかもしれないが、それ故にゴムのにおいだけは避けたかった気がする。

|

« 越前岬灯台(福井県) | トップページ | 三角灯台(熊本) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 越前岬灯台(福井県) | トップページ | 三角灯台(熊本) »