« 戻ってきた衣類 | トップページ | 時間制限(雨竜埼灯台) »

2010年9月22日 (水)

下大戸ノ鼻灯台(熊本県)

Botantoudai今回も、2010年夏に巡った熊本の灯台の中から紹介するが、猛暑を気にもせShimooodonohana1ず、天草らしさを感じながら灯台巡りを楽しんでいた私に、マムシの恐怖を思い出させてくれた下大戸ノ鼻灯台を紹介する(写真右上)。

下大戸ノ鼻は、天草諸島の真ん中に位置する上島の北東に位置している(地図左上:Mapfanより)。島々を結ぶ大小さまざまな橋を渡ってこの地に至ったことが、天草の奥に踏み込んできたのだと感じさせたが、それ以上に、百貫港灯Shimooodonohana8chizu周辺の景観に比べて三角灯台を過ぎてからの道路沿いに立つ白亜の洋風な建物や、連なって道路沿いを飾るフェニックスの緑などが天草のイメージを盛り上げてくれていた。Shimooodonohana4

下大戸ノ鼻灯台は、主要道路から分かれて進んだ突き当たりにあり、灯台が見える場所が広場になっていた。私は、人の姿もないため勢いよく車を進めてそこに止めた。車から降りるとすぐ横に看板がある。『日本で二番目、九州で最も高い鉄塔』(写真右二番目)と書かれ、確かにほぼ真上を見上げると、高圧電線が高い鉄塔に支えられて延びている(写真左二番目)。しかし残念なことに、夏草Shimooodonohana3がしっかりと伸びているため、灯台の姿は先端しか見えない。全体を見ようと思い後ろに進むと、もう一つ看板を見つけた。

『毒蛇(マムシ)に注意!マムシが生息しています。危険ですので立ち入らないでください』とある(写真右3番目)。かわいらしく描いたつもりかもしれないが、マムシの絵Shimooodonohana2は、『生息しています』の言葉にリアルな恐怖となって私を襲い始めた。確かに、熊本を巡ると決めたときに、『マムシに気をつけて!』と言われてはいたが、すっかり頭から消えていたのである。今立っているこの広場の赤土の上にも蛇がクネクネしていそうに感じる。ゆっくりと車に戻り、ドアを閉めると、熱Shimooodonohana5気のこもった車内で軽装から長ズボン長袖に着替え、杖を出して準備を整えた。意を決して外に出ると、私は伸縮自在の杖を最大限に延ばして、これから進む方角の地面をパンパンと叩きながら進んだ。と言っても進む道に草は生えていなかったのであるが・・・(写真左三番目)。Shimooodonohana7

灯台に向かって左側の木が景観を遮っているが、右側にはいかにも蛇が潜んでいそうな草むらが広がっている。いつもなら迷わず草むらに飛び込んで良い構図を探すのだが、そんな愚かな行為はしたくなかった。整えられた正面の道から何枚か写真を撮った。入り口が教会の入り口のように作られ(写真右四番目)、ここにも天草らしさを感じることができる。が、今は違った。どうにか灯台の全景を入れるために、数歩だけ草むらに踏み込むかどうか迷っていたのである。何度もShimooodonohana6杖で確認してから草むらに踏み込んでみた。自分で踏んだ草木が折れる音に驚いて足を戻したりしつつ、なんとか数メートル進めた。灯台の姿が全て確認できる位置で写真を撮ると、跳ねるようにして正面の整った道に戻った。なんとか全景は写せたようだった(写真左四番目)。

生息しています・・・この言葉は、その後天草の灯台を巡る間中、私の頭から消えない言葉になってしまっていた。

|

« 戻ってきた衣類 | トップページ | 時間制限(雨竜埼灯台) »

コメント

こんばんは。
マムシといえば今年6月に訪問した北海道の天売島に『マムシに注意』の看板がありびっくりしました。
北海道でマムシ??と思ったのですが、植林活動の際に本土から持ち込んだ土砂の中にマムシの卵が参入していてそれが爆発的に繁殖したそうです。

あとは灯台を回っていると『知らぬが仏』ということがよくあります。
灯台から戻っくると、地元の方に『最近クマがよく出る』と聞かされることは数度。
行く前に聞かされていたらきっと行くのをやめたかもしれません。

投稿: まっち | 2010年10月 3日 (日) 22時50分

コメントありがとうございます。
そうですか!北海道でマムシ。
熊の恐怖は、どこへもついて回りますよね。
お互い、熊には気を付けましょう!

投稿: hide | 2010年10月 6日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戻ってきた衣類 | トップページ | 時間制限(雨竜埼灯台) »