« 三角灯台(熊本) | トップページ | 下大戸ノ鼻灯台(熊本県) »

2010年9月15日 (水)

戻ってきた衣類

Botanomake今回は、おまけ話です。(尚、今回の写真は全て携帯カメラからです)

ここ数年、お盆には仕事をして、8月の後半に休みを取って旅に出ている。もちろん、灯台を巡ることだけでも満たされるのだが、一人で見知らぬ土地を旅することで味わえる旅愁は、毎年続いている大きな理由と言える。そして時に遭遇するハプニングや出会った人達とのふれあいも、私には楽しみである。既にブログで紹介した、何度車で来たことを伝えても忘れてしまう民宿の女将、や店の留守番をさせられたお好み焼き屋など、いくつもの思い出がある。

今回は、2010年夏に巡った熊本の灯台巡りの中で、一番最後に私を笑わせてくれた出来事を、おまけ話としてまとめる。(今回は、灯台に関する記事はありません)

昨年秋のシルバーウイークと称された連休に佐渡まで自分の車で渡ったが、遠方の灯台を巡るときは、列車か飛行機移動でレンタカー利用が多い。青森を巡ったときのレンタカーは以前の記事にもまとめてある。そこにも書いたが、夏の灯台巡りでは汗をたっぷりかくため、後部座席は物干しに利用する。今回も熊本に着くと、三枚千円のTシャツを三千円分購入し、その9枚を順番に着て、休憩所やトイレの流しで水洗いをして車内に干すのだ。埼や岬の林に踏み込む場合、蚊や虫の攻撃はバカに出来ない。もちろん虫除けもするが、ヘビ対策としても長袖、長ズボンは必須だ。旅に出るとき、カメラ機材以外に持参する荷Amakusa1物はできるだけ減らしたいが、山歩きに必要な衣類やアイテムは必ず持参しなくてはならない。だからこそTシャツは現地で調達する。買いたてとは言え、三枚千円のTシャツ。数回の着用に、水洗いをすると首回りだけLLのサイズになる。下着類は、古い物を選んで持って行き、使用後は捨てて帰ってくる。

Amakusa2今回熊本では、天草市の本渡町にあるビジネスホテルを選んだ。本渡町は天草諸島の上島と下島の間、下島側にある(地図右上:Mapfanより)。初日に熊本から上島までを巡って一泊し、翌日下島を巡って一泊したのである。最終日はのんびりと天草諸島を楽しんで帰途についた。ホテルは比較的新しく、スタッフの人たちはホテルマンと言うより素人っぽくて好感を持った。特に二泊目の夜、フロントにいた若い女性は、戻った自分を出迎えるときも親切で、更に海の幸を食べたいと話すと、歩いて行ける距離の店をいくつか考えてくれた上に、電話で予約まで入れてくれたのだ。おかげでのんびりと海の幸を味わえたのだ(写真左上)。

さて、最終日荷物をまとめながら、ノビノビになったTシャツ、そして自宅から持参して着尽Amakusa3くした下着類は、コンビニのビニール袋に無造作に詰め込み、備え付けのゴミ箱の横(写真右中)に、空になったビール缶やお茶のペットボトルと一緒に置いて部屋を出たのである。

有明海のタコのモニュメントや、遠くに見える普賢岳を背景に有明海(写真左中)を楽しみながら熊本駅には昼過ぎに着いた。駅周辺で、お土産として辛子れんこんや海産物の宅配を頼んだ。空腹だった自分は駅弁を買って、博多までの特急Amakusa5列車「リレーつばめ」に乗り込んだ(写真右下)のであるが、名前だけで『さくら弁当(写真左下)』を選んだが、実は馬肉は好物ではない。遅い昼食を車内で取っているとき、メールが入った。珍しく母親からだった。80歳を過ぎた母親がメールをする行為を思い描き、笑みを浮かべながらメールを見たのだが文章が不自然、と言うかメール慣れしていない。それでも、『泊まっていたホテルから電話Amakusa6があり、忘れ物を送る』と言う内容は理解できた。自分としては忘れ物の心当たりがなかったが、送ってくれるというのだから、その親切さに素直に感謝していた。

自宅に着いた時には、すっかり夜になっていた。疲れもあり、すぐに床についた。翌日まで休暇が取ってあったのだが、午前中に宅配業者が訪れた。『辛子れんこんや海産物』のお土産が届いたんだと思い、早速開けてみると、丁寧にたたまれたTシャツが9Amakusa4枚、ブリーフが3枚、靴下が2足、そこには入っていた。捨てたはずの衣類が、忘れ物として届けられていたのである。しかも無造作に丸めてあった衣類は、わざわざ丁寧にたたまれていたのだ。照れくさいような、嬉しいような、迷惑なような・・・・。

持ち帰った荷物の中の衣類を洗濯に回すより早く、家内がそれを洗濯し、結局捨ててくる予定だった下着類は、今も整理ダンスの中で次の出番を待っている。そして首回りだけLLサイズとなったTシャツは、つい最近まで残暑が厳しかった夜に、パジャマ代わりとして利用したのであった。

|

« 三角灯台(熊本) | トップページ | 下大戸ノ鼻灯台(熊本県) »

コメント

先生来ましたよ〜!
ドーナツ待ってますhappy01

テスト頑張りますsign03

投稿: ユマニテク | 2010年9月15日 (水) 17時44分

だからー!! 三角灯台のコメントにも書いたけど、ここはコメントを書くところだぞ~wobbly 先生としての私に伝言板として使用しないように・・・って来てくれて嬉しいけどね~wink

投稿: ヒデ先生 | 2010年9月15日 (水) 18時24分

101000ゲト!

投稿: ユマ61 | 2010年9月17日 (金) 00時26分


さすがup
ドクターらしいハプニングsmile
ユマ一年のみんなで
応援してますscissors

50回アクセスしたって
男子も言ってました〜good

次回を楽しみにしてますrun

投稿: あまっち… | 2010年9月19日 (日) 19時55分

ユマのみなさん、アクセスありがとうございます。

できたら、多少なりともブログや灯台、旅に関して
思うところがあったら書き込みして下さい。

若い人たちが、私のつたない文章を読み、灯台巡り
に関して何を感じたのかなどを知りたいですから・・・paper

投稿: ひで先生 | 2010年9月20日 (月) 07時49分

とても素敵な景色に見とれてしまいました。
私も天草には一度行ったことがありますhappy01
といっても、ずいぶん前ですが・・・
ちょうど雲仙普賢岳が噴火してた頃(?)ですimpact
母親の故郷が天草市なのですconfident

灯台は、先生がお話して見えたように私の中では
ドラマに出てくるような物をイメージしてました。
ですが、全然違いますねcoldsweats02
何か感じるものがあります。
私はなかなか一人旅に行ける機会が今はありませんが
いつか先生のように一人で心洗われるような風景を
見に行きたいです。

次の更新楽しみにしていますwink
また古い記事も少しずつ拝見させていただきますねscissors

投稿: ユマ女 | 2010年9月20日 (月) 22時00分

ユマ女さん コメントありがとうございます。
TVなどのマスコミで取り上げられる灯台は、
大型の物ばかりです(確かにそちらの方が
絵になりますが・・・)。
基本的には自然の土の上に立つ灯台を
追いかけています(堤防状とか防波堤など
に立つ灯台は対象外です)
また、是非感想聞かせて下さい。

投稿: ひで先生 | 2010年9月21日 (火) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三角灯台(熊本) | トップページ | 下大戸ノ鼻灯台(熊本県) »