« 四季咲岬灯台(熊本県) | トップページ | 荷島灯台(熊本県) »

2010年10月21日 (木)

住吉灯台(熊本県)

Botantoudai_2今回紹介する住吉灯台は、歴史的にはとても興味深い灯台であるのだが、それSumiyoshi5は訪問してから知ったことであり、熊本市を出発して、天草諸島を西に進む過程で立ち寄った時には、まだ灯台の存在を知っているだけだった。 今回は、私が知り得た史的な情報も加えて、住吉灯台(写真右上)を紹介することにした。

Sumiyoshichizu1住吉灯台は、天草諸島へつながる宇土半島の付け根部分の北側に位置し、島原湾を挟んで対岸には長崎県の普賢岳が見える(地図左上:Mapfanより)。灯台の奥にある住吉神社は、その昔、海上安全のために肥後の国司が建立したとされているが、更に住吉灯台そのものも、細川藩主が暴風雨の難を免れたお礼にSumiyoshichizu2高灯籠をこの地に寄贈したことが始まりとされており、歴史上、そして海上航路上この地が重要な場所であることが伺える。

Sumiyoshi4住吉灯台へ向かうためには主要道路から細い道に入らなくてはならないが、これが本当にわかりにくい。初めての私は、その道に不安を抱きつつ車を進めた。しかしすぐに住吉灯台、そして住吉神社が立つ埼を巡る道に出るため不安は解消された(地図右二番目:国土地理院より)。ちょうど神社への登り口に駐車スペースもあり、そこから灯台に向かった(写真左二番目)。

少し盛り上がった場所の上に、更に背の高い土台とも言うべき建物が立ち、そしてその上Sumiyoshi8に灯塔が延び灯台の先端はかなり高い位置にある。灯台としては、けっして大きくないのであるが、周囲の木々から十分に頭を出している。周囲は夏と言うこともあり、木々の葉が茂り、下から見上げる私の視線を遮るため灯台の全景を見ることは困難だった(写真右上)。夏の昼前と言うこともあり眩しい陽の光Sumiyoshi7が、灯台の上部後方から射し込み、後方の密集した林近くは真っ暗に見える。私はクモの巣を払いのけながら、闇に落ちていくような気分で灯台の後ろ側に回り込んだ。暗闇の後方に回り込むと灯台の前方は輝く眩しい世界に見える(写真右三番目:露出を陰の部分に合わせて撮影)。幸い後方からだと灯塔の部分が木々に邪魔されずに見ることが出来た(写真左三番目)。Sumiyoshi9

灯台の右前には史的な案内板が備えられている(私が歴史的事実を知ったのも、この案内板からである)。そして灯台の正面には、ちょっとした展望台が作られていた。普賢岳を始め、島原湾を眺めるための物かと思ったが、別の案内板があっSumiyoshi6た。『たはれ島』を見るための物である(写真右四番目)。私の高校時代の担任が古文の先生であり、成績は別にしても一応勉強したおかげで、この案内板に興味を抱くことができた。

灯台を後にして埼の周辺に降りた自分は、灯台の正面に回り込んで灯台を見上Sumiyoshi3げてみた(写真左四番目)。高い位置に立てられた灯塔は、やはり木々の間から十分顔を出している。振り返ると『たはれ島』が見える(写真右五番目)。その姿を見ていると、何かしら惹かれる気持ちを感じつつも、この島を枕詞に句を詠んだ時代を思い描く余裕も与えない強い夏の日射しと猛暑の中、私は汗を拭きながら車に戻ることにした。

|

« 四季咲岬灯台(熊本県) | トップページ | 荷島灯台(熊本県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季咲岬灯台(熊本県) | トップページ | 荷島灯台(熊本県) »