« 友ヶ島灯台-前編-(和歌山県) | トップページ | 今年も使えなかった夜明け »

2010年11月30日 (火)

友ヶ島灯台ー後編ー(和歌山県)

Botantoudai前回に引き続き友ヶ島灯台(写真右上)の後編をまとめることにする。前編では灯台までの行程などを中心にまとめたが、今回は灯台や周辺の状況、或いは景観を中心にまとめたい。Tomogasima11

前編の最後にも書いたが、ブラントンが建てたその姿はやはり優美でありながらたくましいと感じる。石造りの灯台がそう感じさせるのであろうが、しかしながら同時に、彼の建てた多くの灯台を見てきた自分にとっては、見慣れた物の様にも感じる。少し思い上がった感想かもしれないとはわかっているのだが。

Tomogasima15灯台が目の前にあるのに、『灯台ココ』と言う案内表示は笑えた(写真左上)。そのまま灯台の真後ろに近づくと、ちょうど太陽を背に受けて、青空がより濃く広がり、そこに立つ白い姿が眩しかった(写真右二番目)。背の低い灯台であるが、島の丘の上に立っており水面高は60メートルある。灯台の前Tomogasima17面に回って、正面からその姿を見ながら少しずつ下がっていきたいところであるが、正面は崖になっていて子午線広場と名付けられた灯台に向かって右前方に進んだ。名前の通り、この広場は子午線上にある。振り返るように灯台を見ながら何枚もカメラに収めたが、全く海が背景に入らない。灯台に背を向け子午線広場の方に目をやると、正面の淡路島生石鼻がすぐそこに見える(写真左二番目)。灯台の姿と共に、この距離感をカメラに収めたいところであるが、併設される建物のTomogasima12屋根にでも登らないと不可能だった。

子午線広場は、一段下に広がる広場であり、灯台に向かって少し左に移動すれば、正面Tomogasima13に灯台を見ることも出来たが、やはり背景に海は入らない(写真右三番目)。そこで次に、灯台に向かって右側にある丘の上に移動してみた。確かに海は見えるのであるが、併設されている建物が灯台の姿をほとんど隠してしまう。

Tomogasima18これ以上の構図は望めないのかと、灯台の後ろ側に戻ると、灯台の後ろから進む道を見つけた。クモの巣が張っていて、あまり訪ねる人はいないようであるが、ちょうど灯台に向かって左前方の丘の上につながっていた。鉄の丸い屋根が地面から飛び出た、哨戒のための跡地である(写真左三番目)。ここからであれば、背景に海をTomogasima14入れて灯台が撮れるのだが時間的に少し逆光となってしまった。それでも紀淡海峡にさしかかる船に投光している灯台の姿は十分にイメージできた(写真右下)。

約2時間の滞在で帰りの船に乗ることにして、野奈浦の桟橋に向かっていると、来るときには気がつかなかった看板を目撃した(写真左下)。この夏熊本の灯台巡りTomogasima16でどこまでも私を悩ませた『マムシに注意』と言う看板である。そう言えば、前編のブログ右三番目に載せた地図を眺めると、島の東側には『友ヶ島深蛇池湿地帯植物群落』と言う名があり、蛇という文字が気になっていたところであった。この夏は、他にも蛇にまつわるエピソードが多くあり・・・、いやはや全くの蛇足の話になってしまった。

|

« 友ヶ島灯台-前編-(和歌山県) | トップページ | 今年も使えなかった夜明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 友ヶ島灯台-前編-(和歌山県) | トップページ | 今年も使えなかった夜明け »