« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月20日 (月)

for X'mas 大江灯台への道すがら(大江天主堂)

Botanomake 前回に引き続いて、今回もおまけ話になってしまった。もうすぐクリスマスだと考えOoetensyudou1ていたとき、大江港灯台を目指して移動していた途中に立ち寄った大江天主堂を思い出したからである。猛暑だった夏とは言え、真っ青な青空を背景に見た、天主堂の美しさは忘れがたい。クリスマスのこの季節だから記事にしたくなり、灯台巡りから少し離れ続けるがお許しいただきたい。

Ooetensyudou6chizu既に紹介した四季咲岬灯台、そして上大瀬に立つ高浜灯台(十三仏埼)を訪ねて、汗だくになった自分は、近くの公衆トイレでTシャツを水洗いして(その理由はこちら)車内に干してから、大江港灯台に向かうルートを検索していた。ルートの途中に大江天主堂があることはすぐに気がついた。事前に調べた観光ガイドなどでも何度もその写真を目にしていた私は、迷わず立ち寄ることに決めて移動を開始した(地図左上)。天主堂近くまで、ある程度時間を要したのだが、クーラーの効いた車内でもまだ十分に汗がひかなかった。少し背中をシートから浮かせて運転していたが、トンネルなど開通して新しくなった389号線から天主堂の白亜の姿が見えると、いっそう背中を浮かせて前のめりになってハンドルを操った。なんとも意外な場所に建っていたのだが、眩しく輝き、その美しさは遠方からでもはっきりわかった。大勢の観光客を予想して近づいたのであるが、天主堂の建つ丘の下の駐車場は空で、そのまま天主堂真横の駐車場まで行くことができた。私を除いて10人くらいしか観光客はいない。天主堂に近づいて知ったのであるOoetensyudou3が、この日は休館日であった。

それにしても、なんと美しい姿だろう。先ほどまで憎らしいほど照りつける太陽にばかり気が行っていたが、雲一つ無い青空を背景にフェニックスの緑と天主堂の白亜が映えている。願わくば、館内に入りたかった。偽りなくこう言った場所を訪ねたときに私は、少しでも雰囲気を感じ取りたいと思う。もちろん歴史やその背景を知る上で説明や案内も大切であるが、何よりもその場所を訪ねて、しばらくその場にとどまって感じられるものを味わってみたいのである。残念ながら外観からでは美しさしか味わえなかった。

いつの間にか10名ほどの観光客もいなくなり、近くの出店のおじさんやおばさんだけになってしまっていたが、大江港灯台を訪ねる前に、もうしばらく天主堂を眺められる石の上に腰掛けて、ただ見つめることにした。

Ooetensyudou2_2

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

今年も使えなかった夜明け

Botanomake毎年この時期になると、夜明けを背景に灯台の写真を撮り、それを年賀状に使おう・・・と考えるのだが、日曜祝日の朝しかチャンスのない自分にとって、天気はなかなか味方してくれない。都合の悪い休日に限って晴天だったりする。昨年もそんな限られたチャンスの中で安乗埼灯台に向かったのだが、昨年のブログでも紹介したように、雲が多くて使えない写真だった。そんな思いの中、今年は二度チャンスに恵まれた。すなわち予定のない日曜の朝に、晴天が二回あったのである。しかし、結局今年も年賀状として使えない夜明けの写真になってしまった。今回はおまけ話として、その二回をまとめてみたい。

【近場で済ませようと考えたが・・・磯津港灯台】

三重県四日市コンビナートが見渡せる磯津港南堤防灯台周辺は、意外と静かで、野鳥が立ち寄る草原もある。早朝なら自宅から半時間かからず訪ねられる。この日は、前日土曜の夜に少し遅くまで用事があり、朝起きたのが6時前であった。さすがに伊勢志摩方面での夜明けには間に合わない。そこで思いついたのがここだった。防波堤に立つ灯台であり、不本意ではあるが、アングルによっては良い写真が期待できそうに感じて、車を走らせた。十分に夜明けに間に合ったのであるが、予想していたより日の出の方向が南よりであった。夜明けの太陽を入れると、草に隠すつもりの堤防部分が、どうしても写真に写り込んでしまう。夜明けの方向ぐらい確認してから出かけるべきであった・・・。

Isotsukou1

【ドライブは楽しめたのだが・・・清水灯台】

前日土曜に、かなり早くにTVを見ながら寝てしまい。目が覚めたのが真夜中。しっかりと目覚めてしまった自分は、伊勢志摩方面に行けばよいのに、あることを思いついて東に向かった。午前3時頃である。伊勢湾岸、東名高速と気持ちよく?車を進めると、午前6時頃には清水灯台の立つ浜辺に着いていた。近くには三保の松原がある。まだしっかり暗い浜辺を照らす灯台の光もカメラに収めながら、徐々に朝焼けが深くなる東の空を眺めつつも、北東の空を気にしていた。そうである、朝日を浴びた富士山を背景に灯台の写真を狙いたかったからなのだ。ところが、天気は味方してくれない。途切れ途切れの雲が北東の空を漂い、ちょうど日が昇ったその頃、富士山の形を隠してしまっていた。伊豆半島から太陽が顔を出しても、富士山の雲はいっこうに動いてくれなかった。気まぐれな思いつきより、素直に伊勢志摩方面に出かけていたなら、もっと良い写真が撮れたかもしれないのに。でも十分楽しめたドライブの高速代が2000円は安かったかな・・・。

Shimizutoudai01

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »