« 友ヶ島灯台ー後編ー(和歌山県) | トップページ | for X'mas 大江灯台への道すがら(大江天主堂) »

2010年12月 8日 (水)

今年も使えなかった夜明け

Botanomake毎年この時期になると、夜明けを背景に灯台の写真を撮り、それを年賀状に使おう・・・と考えるのだが、日曜祝日の朝しかチャンスのない自分にとって、天気はなかなか味方してくれない。都合の悪い休日に限って晴天だったりする。昨年もそんな限られたチャンスの中で安乗埼灯台に向かったのだが、昨年のブログでも紹介したように、雲が多くて使えない写真だった。そんな思いの中、今年は二度チャンスに恵まれた。すなわち予定のない日曜の朝に、晴天が二回あったのである。しかし、結局今年も年賀状として使えない夜明けの写真になってしまった。今回はおまけ話として、その二回をまとめてみたい。

【近場で済ませようと考えたが・・・磯津港灯台】

三重県四日市コンビナートが見渡せる磯津港南堤防灯台周辺は、意外と静かで、野鳥が立ち寄る草原もある。早朝なら自宅から半時間かからず訪ねられる。この日は、前日土曜の夜に少し遅くまで用事があり、朝起きたのが6時前であった。さすがに伊勢志摩方面での夜明けには間に合わない。そこで思いついたのがここだった。防波堤に立つ灯台であり、不本意ではあるが、アングルによっては良い写真が期待できそうに感じて、車を走らせた。十分に夜明けに間に合ったのであるが、予想していたより日の出の方向が南よりであった。夜明けの太陽を入れると、草に隠すつもりの堤防部分が、どうしても写真に写り込んでしまう。夜明けの方向ぐらい確認してから出かけるべきであった・・・。

Isotsukou1

【ドライブは楽しめたのだが・・・清水灯台】

前日土曜に、かなり早くにTVを見ながら寝てしまい。目が覚めたのが真夜中。しっかりと目覚めてしまった自分は、伊勢志摩方面に行けばよいのに、あることを思いついて東に向かった。午前3時頃である。伊勢湾岸、東名高速と気持ちよく?車を進めると、午前6時頃には清水灯台の立つ浜辺に着いていた。近くには三保の松原がある。まだしっかり暗い浜辺を照らす灯台の光もカメラに収めながら、徐々に朝焼けが深くなる東の空を眺めつつも、北東の空を気にしていた。そうである、朝日を浴びた富士山を背景に灯台の写真を狙いたかったからなのだ。ところが、天気は味方してくれない。途切れ途切れの雲が北東の空を漂い、ちょうど日が昇ったその頃、富士山の形を隠してしまっていた。伊豆半島から太陽が顔を出しても、富士山の雲はいっこうに動いてくれなかった。気まぐれな思いつきより、素直に伊勢志摩方面に出かけていたなら、もっと良い写真が撮れたかもしれないのに。でも十分楽しめたドライブの高速代が2000円は安かったかな・・・。

Shimizutoudai01

|

« 友ヶ島灯台ー後編ー(和歌山県) | トップページ | for X'mas 大江灯台への道すがら(大江天主堂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 友ヶ島灯台ー後編ー(和歌山県) | トップページ | for X'mas 大江灯台への道すがら(大江天主堂) »