« 大江港灯台への道(熊本県) | トップページ | 日没後の御前崎灯台(静岡県) »

2011年1月26日 (水)

大江港灯台(熊本県)

Botantoudai前回のブログでは、大江港灯台に向かう行程での苦労話を書かせていただき、Ooekou04_2更に昨年のクリスマスには大江天主堂に立ち寄った記事も紹介させていただいた。そして今回、ようやくその目的地である大江港灯台(写真右上)をまとめる事にした。大江港灯台は、どこにでもある様な小型の灯台だ。小さな湾と言うか入り江にある港の埼にはこう言った灯台が多い。しかし灯台を巡っている者にはこう言った灯台には趣を覚える。誰でも帰宅したときに、自分の家の門灯が見えると安心すると思うのだが、灯台は暗くなった海原から帰港するための道しるべであり、まさに門灯なのである。自宅に戻る安心感を船舶に与えているに違いない。そして、そんな門灯とも言える小型の灯台にも、各港ならではの個性があるからなOoekou02のだ。

マムシの恐怖と猛暑、そして腰までの高さの夏草に邪魔されながらも灯台にたどり着いた自分は、今すぐ長袖ジャケットを脱ぎたかった。しかし蚊の攻撃は凄まじい。わずかに露出している顔面に容赦なく近寄ってくる。動きを止めればすぐに刺される。結局ジャケットはそのままで、顔の汗だけ拭い、ペットボトルの水を一気に飲むと、虫除けスプレーを顔に吹き付けてカメラを取り出した。Ooekou05

灯台の周囲には木々が茂っている(写真右中)が、海側の一部分が低くなっていて海を見ることが出来た(写真左上)。港の埼に立つ灯台では、頭の部分である投光器だけが木々から顔を出し、我々が訪ねても木々に邪魔されOoekou03て海が見えないと言うことはよくある。今回は海上に目を向けることができ、港を目指して進む船舶を、灯台がどんな風に見下ろしているのかがイメージできた(写真左中:わずかに海が見える)。

ずっしりとした白いタイル張りの姿は、特に特徴的な物ではないが、埼の頂上に敷地が整備されて、その中に立っている姿は頼もしくも感じる。季節が異なればまた異なった印象を受けるのは、どこの灯台、いやどこの風景でも同じであろうが、灯台の大きさや形状から感じる印象は変わらないような気がする。Ooekou06

Ooekou07何枚か写真を撮り、しばらく灯台を味わっていたのだが、とにかく暑い!そして蚊が近寄ってくる。半時間も滞在せぬ間に埼を下ることにした。再びマムシの恐怖と闘いつつ。

海岸線から埼を眺めると、灯台の姿は見えなかった(写真左下)。大江天主堂を、見事な青空の下で訪ね、少しだけであるが歴史に触れ、その後苦労をしてたどり着いた大江港灯台。その頼もしいと感じられた姿は、けっしてここまでの苦労を帳消しにはしてくれるものではなかったが、少なくとも灯台巡りを続けている私を満たしてくれていた。

|

« 大江港灯台への道(熊本県) | トップページ | 日没後の御前崎灯台(静岡県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大江港灯台への道(熊本県) | トップページ | 日没後の御前崎灯台(静岡県) »