« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

「また巡りに行きます」被災地への思いを込めて

○東日本大地震の被災者みなさまに、心よりお見舞いを申し上げると共に、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、深く哀悼の意をお伝えいたします。

「また巡りに行きます」などと、今伝えるような言葉ではなく、お叱りをいただくようなタイトルとしましたが、義援金や援助物資の提供以外に何も出来ない自分が、被災地に向けて届けたい気持を一言でまとめると、このタイトルになってしまうのです。

Omoide12008年に福島県の小良ヶ浜灯台から千葉県まで、そして2009年に宮城県岩井埼灯台から福島県の鵜ノ尾埼灯台まで、地名で言えば気仙沼から千葉県銚子まで海岸線に沿って、ずっと車で移動しながら灯台を巡りました。入り江にある小さな港町や小さな砂浜、砕ける波しぶきを眺めた小さな埼。観光では決して訪れることのない町や港であり、海岸線に沿って走ることでしか味わえない景観やあふれる情景がそこにはありました。そして各地の灯台。全てが忘れられない灯台巡りの紀行です。Omoide2

あの日から日が経つにつれて、上空からだけでなく、目線から映し出される被災地の映像は、見覚えがあるはずの町が見るも無惨に変わっていました。確かにあの港に車を止めて情景を、その香りを感じていた。左手に海を見ながら、その道を走っていた。海岸線に架けられた高架橋を次の目的地に向かって移動していた。Omoide3被害を全く受けていない遠く離れて生活する私の思い出までも打ち壊すかのような映像。

今はまだ、被災された方々に復興の話をする時期ではないのかもしれません。がんばろう!とかの励ましの言葉ではなく、お見舞いの言葉を贈るべきなのだと思う。被害以上に心の傷は大きく、深く、私が軽々しく励ましの言葉を語ることすら許されないものだと思うからです。そんな自分が義援金や支援物資以外で出来ることは、被災された方々への深く、そして心からの同情とお見舞いの言葉だと思うのです。Omoide4

しかし心から同情して、被災地のみなさまの悲しみや苦しみを感じれば感じるほど、やはり励ましの言葉を贈らずにはいられなくなります。このまま悲しみ続けるわけにはいかない。誰もがわかっていることではあるものの、苦しくつらい道のりを、これから乗り越えて行かなくてはならないのです。私たちには多少の支援Omoide5は出来ても、苦しみを代わりに背負ってあげることは出来ません。しかし決して他人事ではありません。同じ日本人として同情だけでなく、励まし、そして必ず立ち上がり復興してくれると信じたいのです。

だからこそ、「また巡りに行きます」と言わせていただきました。遠く離れて暮らす私の中にOmoide6あった思い出までも壊されてしまった地震や津波の被害から立ち上がり、必ず力強く、新たな生活を築き上げて下さい。壊され流された物や思い出は、失ったままではなく、忘れ去るのではなく、築き重ね上げる事によって新たに上書きされていきます。そしてその時こそ、被災地のみなさまに笑顔が戻ると信じています。だからこそ私も、『また巡りに行きます』と伝えたいのです。

写真は、左上:塩屋埼灯台(福島県) 右上;番所埼灯台(福島県) 左中:磯浜灯台跡(茨城県) 右中:磯埼灯台(茨城県) 左下:岩井埼灯台(宮城県 この先に気仙沼の町がある) 右下:鵜ノ尾埼灯台(福島県 宮城県との県境に近い)

| | コメント (2)

2011年3月 8日 (火)

高浜灯台(熊本県)

Botantoudai今回は、昨年夏に巡った熊本県の灯台から、高浜灯台(写真右上)を紹介する。灯Takahamakumamoto02台と言うより、岬や埼には正式名称とは異なった名称が付いている場合がある。思い返せば、日本一高い位置にある灯台、そして日本一照射距離の長い灯台として有名な兵庫県余部埼灯台も、地元の人からは御崎灯台と呼ばれていることを訪ねて初めて知った。青森県の白糠灯台は、物見埼灯台と呼ばれている。正式名称よりも、その地方での名称の方が由来などがわかり、その地をより深く味わえるような気がする。今回紹介する高浜灯台が立つ場所Takahamakumamoto06chizu(地図左上:Mapfanより)は、高浜港に接する諏訪の町から北西に位置し、埼の部分を上大瀬とも呼ばれている。しかし訪ねてみると、そこには十三仏公園が整備され、高浜灯台のすぐ近くに十三仏堂がある。後から思い返すと、この十三仏堂のイメージが私にはとても強く、『十三仏灯台』なんて言う方が似合う様に思えた。勝手な言い分なのTakahamakumamoto01だが、実際この埼を超える峠は、十三仏峠と呼ばれているらしい。

公園の駐車場を越えて埼の先端を曲がる所にお堂があり、その向こう側に灯台の頭が見えている(写真右中)。このお堂が十三仏堂であり、そこに車を止め、まずは案内板や説明板を読んだのだが、多少の違和感を覚える。Takahamakumamoto04_2ここに来るまでキリスト教関連の建物や名所をたくさん目にし、そしてこの次に向かうのが大江天主堂である。仏教に関連した場所が天草にあっても全く不思議はなく、無知な先入観に過ぎないのだが、何故だか違和感を持った。しかし、だからこそ十三仏堂は私には忘れられない場所になっている。

灯台へは少し公園に戻った方向の道端から入る。もちろん看板など無く、道と言えTakahamakumamoto03るほどの物ではない。埼の縁を進むように道があり、断崖が見られて楽しむことは出来る(写真左中)。灯台は、埼の木々に囲まれた狭いスペースに立っている(写真右下)。海を背景に撮れる場所もなく、早々に戻って遠方から眺めることにした。ちょうど十三仏公園には展望台が設けられていて、そこからの景色は、遠方が少し霞んで見えたが、お気に入りのアングルであった(写真左下)。

Takahamakumamoto05この日早朝から行動を開始したが、その時既に33度を超えていた。四季咲岬灯台で汗をかき、気温も更に上昇しているに違いない。十三仏公園のトイレで何枚かTシャツを水洗いして後部座席に干してから観光地として大江天主堂を、そしてその後大江港灯台を目指すことにした。今この記事を書きながらもよみがえってくる暑い記憶である。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »