« 清水灯台(静岡県) | トップページ | 天草崎津港灯台(熊本県) »

2011年4月27日 (水)

河内灯台(熊本県)

Botantoudai東北地方にも桜前線が達し、東日本大震災の被災者の方々に、桜の花が少しでも癒しを、そして希望を届けてくれることを心よりお祈りしております。

私の住む東海地方も例年より桜の開花は遅く、4月10日前後が見頃でした。私には毎年撮り続けている鈴鹿川堤防沿いの桜があります。主要道路から離れていて、ほとんど注目されていないだけに愛着があり、今年は照明もないこの桜の木を夜に撮影してみました。

Kawachi07

 Kawachi08_3 Kawachi06

と、前回に続き前置きが長くなりましたが、今はこの桜も、花が散り若葉が木全体を覆い、目に鮮やかな装いとなっています。冬の間見通しが良かった交差点なども、新緑で遮られ、逆に車が来ているかどうかの確認に困ることもあります。2010年に訪ねた熊本県の河内灯台(写真左中)では、木々の葉に遮られて灯台の全景が撮影できずに、いらだった記憶がまだ新しく、今回記事として取り上げてみました。

Kawachi01熊本駅からまず向かったのが、この河内灯台である。百貫港灯台を左手に見ながら通過して、島原湾に面した河内の長崎鼻を目指した。余談になるが長崎鼻と言う名称は、灯台巡りでは良く耳にする。この時も千葉県犬吠埼に対した長崎鼻の照射灯を思い出していた。港周辺に着いても灯台の姿はなかなか確認出来ない。回り込むように介護福祉施設まで歩き、奥の丘にようやく姿を確認した(写真右上)。丘への登り口を見つけ踏み込むと、うっそうと茂った木々の葉が邪魔をする。

河内灯台の立つこの丘は神社と公園が丘陵地にある(写真右下)。しかしまったく見透しが効かず、神Kawachi05社らしき祠や遊具らしい物は一部見えるが、覆い茂った木々の葉が邪魔をしている。同様に灯台があることはわかっても、その全景を見るためには近づいて見上げしかない。うろうろと木々の中を歩き回りカメラを構えたが、結局その姿を満足に収めることは出来なかった。冬の葉が落ちKawachi04たときに来ないと・・・などと思いつつ灯台を後にした。

しかし、茂った木々の葉に邪魔されたにも関わらず、しかも猛暑であったのに、河内灯台を訪ねた時の印象は爽やかである(写真左下)。緑に囲まれたその空間がマイナスイオンに溢れていたかはどうかはわからないが、少なくとも私の中には爽やかさを残したようであり、また訪ねるとしても冬は無いような気がしていた。

|

« 清水灯台(静岡県) | トップページ | 天草崎津港灯台(熊本県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水灯台(静岡県) | トップページ | 天草崎津港灯台(熊本県) »