« 松ヶ鼻照射灯(熊本県の灯台巡りを振り返り) | トップページ | 鳥取港灯台(鳥取県) »

2011年7月27日 (水)

長尾鼻灯台(鳥取県)

Botantoudaiもう数年前になるが、夏に青森県の灯台を巡った。陸奥湾を望む陸奥大島灯台Nagaohana1も訪ねたのであるが、早朝から汗を流し、更に夜露の草木にまみれながら訪ねたにもかかわらず、なんとも心地よい記憶となっている。灯台が立つ岬周辺を『夏泊』と言うが、夏好きの私は、その地名に心躍るものを感じて訪ね、夏空広がる景観も加わり感動したに違いない。今回は同じ『夏泊』と言う地名に立つ、鳥取県の長尾鼻灯台を紹介する(写真右上)。

鳥取市の西に、日本海にちょこんと突き出た埼が夏泊である(地図左上:Mapfanより)。鳥取駅近くに宿泊した自分は、早朝5時に宿を出て、夏泊に向かった。ちなみに、宿泊したビジネスホテルは価格もお手ごろで、対応も良かったのであるが、中日ドラゴンズの岩瀬投手がオフのトレーニングで利用する部屋だと聞かされ、ドラゴンズファンの私はひそかに喜んでいたのである。鳥取空港を過ぎてNagaohanachizu01海に沿って9号線を西に向かうと、旧9号線に分岐する交差点に出る。ここを右折すると夏泊に入る。ここまで砂浜が断続的に続く海岸線で、夏泊へ右折する手前には白兎伝説の白兎海岸がある。「海の日」の前日の日曜日、きっと賑わうに違いないと考えながら右折すると、道は埼を登り始める。すぐに「魚見台」と言う見晴らしの良さそうな展望所があり、車を止めてみた。ここから鳥取市内はほぼ見渡せることができる。夏の朝日に照らされた景色は、日中の暑さだけを連想させた(写真右中)。Nagaohana3

長尾鼻灯台へ進入する道に、目立たない小さな看板があった。後でわかったことであるが、これはどうやら釣り客のための案内でもあるようだ。そこを大きく右折すると、ちょうど車一台分の道が続く。すぐに灯台前の広場に出るが、なんと入り口に小さな小屋が建っていて、中からおじさんが出てきた。「何時まで?」と尋ねられ、「灯台の写真を撮るだけだから、30分もいませんよ」との返事に、「釣りじゃないの?・・・・じゃーお金はよろしいわ」とのこと。どう見ても公共のスペースなのに駐車料金?と思ったが、確かに既に釣り客のNagaohana4車が数台駐まっていて商売にはなるようだ。

灯台は固く門が閉ざされている(写真左下)。出来ることなら乗り越えたい・・・と思いつつ近づくと、後方から「中へは入れないよ」と先ほどのおじさんの声。駐車代払っていたら、門を乗り越えても見逃してもらえたかもしれないが、とにかくその一言で乗り越えることもままならない状況に陥ってしまい、そのことが無性にむかついた。「わかってますよ・・・。」振り向きもせずカメラを門越しに構えた。Nagaohana2_2

まだ茜色した朝日を背景に右後方と右横から写真を撮った(写真右下)が、門を乗り越えない限り灯台の左側や後方に行くすべはなく、お気に入りの写真は撮れなかった。『夏泊』の響きに、青森と同じ浮かれ気分で訪ねた自分であったが、駐車料金徴収のおじさんのおかげ?で満足の行く訪問とはならなかったようである。

|

« 松ヶ鼻照射灯(熊本県の灯台巡りを振り返り) | トップページ | 鳥取港灯台(鳥取県) »

コメント

何度行ってもガードが堅いこの灯台^^
この番人が出勤前に到着しなければなりませぬ。

料金徴収は漁業権かな?と感じましたが真相はわかりませんが料金を払ったところで灯台敷地侵入がOKにはならないほどの頑固オジサンです。

「俺は保安部に見張りを頼まれとるんや!」と怒鳴られたりもします…
たぶん年に何人かは灯台目当てのファンが訪れるのだと思います。

灯台は少し前に改装され、前より不細工になった灯籠部…

敷地内に入ったところで見晴らしが良い訳でもないのが救いですかね。

投稿: 玉助 | 2011年7月28日 (木) 04時35分

げげ!あいつ番人なんですか?
確かに、敷地内に入っても景観が
広がるわけでもなく、あのおっさんに
言われるくらいならがまんした方が
良かったですねpunch

投稿: hide | 2011年7月28日 (木) 07時09分

あの管理人に懐柔策は無駄撃ちです。
それよりも女性に交渉させた方が可能性が高いかも…

投稿: 玉助 | 2011年7月29日 (金) 13時17分

なるほど!! その手はありですね。

投稿: hide | 2011年7月29日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松ヶ鼻照射灯(熊本県の灯台巡りを振り返り) | トップページ | 鳥取港灯台(鳥取県) »