« 津ノ和鼻灯台(島根県) | トップページ | 網代埼灯台(鳥取県) »

2011年8月31日 (水)

絵画「私の灯台巡り」

Botanomake今回は、おまけ話の内容なのですが、まずは絵画を見ていただきたい。

2_2
灯台を巡っている方なら愛媛県の佐田岬灯台だとわかるかもしれないが、今回は、そういう話ではなく、ただ素直にこの絵を自慢したいのである。絵と言っても写真として紹介しているのだから、この雰囲気は伝わらないかもしれない。とにかく奥行き、広がりが素晴らしい!メガネをかけずとも、3Dとして見る者を引き込んでくれる。けっして厚塗りの油絵ではないのに、写真では表現しにくい臨場感があるのだ。

灯台にやって来た!と立つ人物は自分であり、早い話が、私の灯台巡りを描いてもらった絵画である。描いていただいたのは、画家の棚倉樽さんだ。彼や彼の作品は是非こちらのブログをご覧いただき、直接感じ取って欲しい。

彼との出会いはネット上である。たまたま私のブログにコメントを書き込まれたのがきっかけで知り合い、私も彼のブログを通じて作風などを知り、いつの日か絵を描いていただこうと思ったのである。私は、灯台が立つ風景として写真を撮っているが、芸術的センスがあるなどとは一度も思ったことが無い。そんな私が棚倉氏にお目にかかって絵を依頼するとき、多少の緊張があった。うまく伝えられるだろうか?普通に希望を言えば描いていただけるのだろうか?などなど。しかし、実際に棚倉氏に会うと、彼は淡々と私の絵に対する希望を引き出してくれ、同時に私が灯台を訪ねたときの情景やそのときの感情を巧みに聞き出してくれた(後から酒の席で聞き出した内容も含めるが・・・)。

絵を描き始めると、彼はその世界に入り込むと言う。実際にそこを訪ねているように、あるいはその人に会っているように、あるいはその場で一緒に楽しんでいるように、対象がなんであれ心はそこにいるのだと話した。そうなのだと本当に思う。出来上がった絵が届き、その奥行きや広がりなどに感動した以上に、訪ねた時の私の心が、この絵を見ているような錯覚にとらわれた。実際に私がこの佐田岬を訪ねたのは春であり、そのとき海上は霞んでいた。『きっとこの海の向こうに、九州大分県の関崎があるんだよな・・・』そう思いながら灯台、そして海上に目を向けていたのである。この話は、彼にはしていない。しかし絵には海の向こうに対岸の地が描かれていた。彼に資料として渡した写真のどこにも陸地は写っていないのに。

Satamisaki7

絵を依頼するに至った経緯や、棚倉氏とのあれこれ紹介は、産経izaの専門家ブログ『灯台を立つ風景を訪ねてみませんか』の方でまとめておきますので、よろしかったらご覧ください。お部屋に絵を飾りませんか?と語る棚倉氏も産経izaの専門家ブログを書かれています。

|

« 津ノ和鼻灯台(島根県) | トップページ | 網代埼灯台(鳥取県) »

コメント

hideさん、ご丁寧な文章に感激しております。
作品に対しても最高の評価をいただき、今後の画業への
大いなる励みになりました。
今後ともよろしくお願いします!。

投稿: 棚倉 樽 | 2011年9月 1日 (木) 17時56分

taruさん、コメントありがとうございます。
絵の知識など全くない自分でしたが、少しだけ
近づけたことも喜びです。
また依頼することがあれば、よろしく!

投稿: hide | 2011年9月 1日 (木) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 津ノ和鼻灯台(島根県) | トップページ | 網代埼灯台(鳥取県) »