« 網代埼灯台(鳥取県) | トップページ | 多古鼻灯台(島根県) »

2011年9月21日 (水)

安宅灯台(冬の思い出)

Botantoudai今日台風15号が日本列島を駆け抜けた。豪雨にも関わらず、東海地方ではあるAtaka25jpgが、幸い私の町では被害が無かった。被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。
台風が去った後に、秋の空が少し顔を出した(写真右上:携帯より)。季節はこれから秋本番・・・そんな事を考えていたら、冬の景色を求めて訪れた安宅灯台を思いだした(随分ずれて、強引な振り方かもしれないが・・・)。既に紹介した加佐岬灯台のAtaka24早春を思わせる記事にまとめたように、真冬に訪ねたのに、その日だけぽかぽか陽気だった北陸。今回はその後に立ち寄った安宅灯台を紹介する(写真左上)。

前に安宅灯台を紹介した記事は、5月半ばに訪れたものである。海岸線に流れ着いたゴミの山に、嘆かわしく感じた記事だった。今回は冬のイメージを求めたのであるが、加佐岬灯台と同様に、真冬のイメージからは少し離れていた(写真右中)。しかし、加佐Ataka22_4岬に比べて曇り空であった分だけ冬のイメージは伝わるかもしれない。

安宅と言えば、やはり安宅の関。義経・弁慶で有名な勧進帳の舞台のはずであるが、何故かTVなどで描かれるシーンは山の中のイメージが強い気がする。前回訪ねた時も、日本海を見渡してそんなことを考えていたことを思い出した(写真左下)。

Ataka23前回訪ねた時は、見事な日本晴れで、その後美川灯台近くに沈む日没ショーを楽しんだ記憶がある(産経iza専門家ブログより)。この日は曇っていたが、晴れた冬の日に同じように夕日を味わうことができたら、どう異なっているのだろう?と次回の課題を思いつきながら安宅灯台の周囲を散策した。

事後談になるが、戻って現像した写真は、やはり冬のイメージが薄かった。思Ataka21い切って寒冷調に仕上げた写真(写真右下)は、あまりに強調しすぎていたのだが、心はこんなイメージを求めていたに違いない。

|

« 網代埼灯台(鳥取県) | トップページ | 多古鼻灯台(島根県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 網代埼灯台(鳥取県) | トップページ | 多古鼻灯台(島根県) »