« カヤトマリ鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 去ルガ鼻灯台(島根県) »

2011年11月28日 (月)

私のお気に入りの灯台Vol.5

Botanomake今回は、2010年の7月に紹介して以来の、『私のお気に入りの灯台』を紹介する。今回で5回目となるが。毎回書かせていただいている様に、あくまでも私が訪ねた時の季節や天候、雰囲気も加わっての判断であり、個人的な意見である。しかし、何らかの魅力を持っていたからこそ選んだ灯台であり、私のお薦めの灯台として理解していただいても問題はない。(過去の記事は、こちら・・・Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4

今回も地域が重ならないように、5基を選んだ。

Satamisaki10佐田岬灯台(愛媛県):今回最初にあげた佐田岬灯台は、今年更に私にとって思い出深い灯台となった。理由はこちらの記事にまとめたように、ここを訪ねた自分を絵画として描いていただいたからである。もちろんSatamisaki8訪ねた時の感動も大きかった。私は細長く突き出た先端に立つ灯台として憧れを抱いて訪ねたのである。

Tsunowahana3津ノ和鼻灯台(島根県):比較的最近訪ねた津ノ和鼻灯台は、島根県の灯台をまだほとんど巡っていない状況であるが、私には十分すぎるくらい印象に残った。真夏には、多少きつい山歩きではあったが、容易に灯台に近づけない場所に立っているにも関わらず、灯台周辺の景観もTsunowahana2良く、ひとときを過ごすには気持ちよい場所であった。訪ねた時にプライベートな印象を持たせてくれる灯台は、評価が高いかもしれない。

Esaki1江崎灯台(兵庫県淡路島):江崎灯台へのリピート率は高い。(初回訪問はこちら明石大橋との記事はこちら)比較的近いからという理由以上に、明石海峡を隔てて対岸の神戸から続く街並み、後ろ姿の綺麗さ、周辺の静けさの中に立つ姿に魅せられているのだと思う。神戸から明Esakinitibotu04_2石海峡大橋を渡られたら、是非とも訪ねていただきたいお薦めの灯台です。

2_3掛塚灯台(静岡県):掛塚灯台へのリピート率も高い。ここも近いという理由もあるが、周辺の雰囲気が何より好きなのである。(日没時の記事はこちら)周辺には風力発電の風車が回り、運動施設の周辺として整Kaketuka24備された公園、そして砂浜の海岸がある。すこし盛り上がった小山の上に立つ灯台は、少し錆も見られるが、歴史を感じさせる。

Hajikisaki1_2弾埼灯台(新潟県佐渡):佐渡の最北端に立つ弾埼(はじきさき)灯台を今回のお気に入りの最後に選んだ。初秋の佐渡に渡り、巡った灯台Hajikisaki3の中で、私に旅愁を味わわせてくれた灯台である。どことなくもの寂しい、だけど力強いその姿。佐渡という島に一人で渡り、最後に訪ねたのがここ弾埼灯台であったからかもしれない。再訪が難しい灯台であるが、もう一度訪ねてみたい。

今回も5基だけ選んだ。まだ訪ねていない灯台にも、もっともっと私を引きつける灯台があるに違いない。これからも全くのマイペースであるが、灯台巡りを続けていくので、Vol.6、7、8・・・とお気に入りも増えて行くに違いない。しかし、お気に入りで取り上げなくても、全ての灯台が私が訪ねた記録であり、そして大切な記憶である。私の灯台巡りなのである。

|

« カヤトマリ鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 去ルガ鼻灯台(島根県) »

コメント

先生が灯台好きのようですのでご存じかもしれませんが、紹介します。スェーデンの作家でヨハン・テオリンが書いたミステリがあります。邦訳されているのは、2作ですがいずれも灯台が重要なモチーフになっているようです。
{黄昏に眠る秋」・{冬の灯台が語るとき}です。いずれも早川ミステリから出ています。読み物としてもおもしろいと思います。

投稿: 岐阜県KK | 2012年7月16日 (月) 05時57分

岐阜県KKさん>コメントありがとうございました。そうですね。灯台を題材にした作品はいろいろありますね。ただ、海外の灯台はまったく知らないので、作品との関連もわかりませんが・・・。最近の日本では、映画化された『悪人』くらいしか思い浮かびませんが、昔は多かったですよね。

投稿: hide | 2012年7月19日 (木) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カヤトマリ鼻灯台(愛媛県) | トップページ | 去ルガ鼻灯台(島根県) »