« 美保関灯台(島根県) | トップページ | お気に入りの景観:灯台巡りにて »

2012年3月19日 (月)

境港防波堤灯台(鳥取県)

Botantoudai今回は、訪ねたと言うよりは、写真を撮っただけなのであるが、鳥取県境港の防波Sakaiminatobouhateichizu6堤に立つ、2基の灯台を紹介する。ここは、風光明媚な弓ヶ浜海岸から続く先端(地図右上)で、境水道を挟み島根半島に延びた先端部に当たる(写真左上:wikipediaの写真より)。境港市であり、水産が盛んである以上に、ゲゲゲSakaiminatobouhateichizu7の鬼太郎で知られる水木しげる出生地で、鬼太郎関連のオブジェが通りに並んでいる。

今回私は、鳥取県の灯台に立ち寄る余裕が無く、まだ訪ねていない鳥取県の灯台数基を諦め、島根半島を目指す中で境港防波堤灯台の姿をカメラに収めただけである。とは言え、近くまで訪ねたとしても、海上に延びた防波堤の先に立ち、ほSakaiminatobouhatei1_3とんど海の上であることから、改めて訪ねる機会はそうそう持てないと考え、今回紹介することにした。

Sakaiminatobouhatei4今更ここで書くことではないが、"私の灯台巡り"では、原則として岬や埼、岩肌など自然の上に立つ灯台を紹介しており、防波堤や港の人工物に立つ灯台はひかえている。とは言え、自宅近くの四日市市の磯津港南堤防灯台京都府の三津港島堤灯台など、これまでに微妙な立ち位置や訳ありの灯台は紹介してきた。今回防波堤灯台と言う名称ではあるが、ほぼ海上に立っているとも言える灯台であることから、記事としてまとめることにした。Sakaiminatobouhatei3

地図を見れば一目瞭然であり、境水道への入り口にあたる灯台である。船舶は、前回紹介した美保関灯台を右手に見て進めば、この灯りによって水道や境港に導かれるわけであり、その重要性は言うまでも無い。陸地からすぐの所に立つのが境港防波堤灯台であり、外側から延びたテトラポッドが積まれた防波堤の先に立つのが、境港第2防波堤灯台である。島根半島側から眺めると、この日は曇天ではっきりしないが、後方に大山の姿が浮かんでおり、 弓ヶ浜半島の景観と併せて、天候に恵Sakaiminatodai2bohatei5まれれば、高台からその姿を撮りたいと感じさせられた。

立ち寄ったわけではなく、灯台の詳細な情報は書くことが出来ないが、次回鳥取県の残された灯台を巡るときは、最後に境港市の旧境港灯台を訪ねると考えられ、その時に詳細が語れることを願いたい。

|

« 美保関灯台(島根県) | トップページ | お気に入りの景観:灯台巡りにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美保関灯台(島根県) | トップページ | お気に入りの景観:灯台巡りにて »