« 潜戸鼻灯台(島根県) | トップページ | 大失敗(旧境港灯台:鳥取県) »

2012年4月30日 (月)

島ヶ崎灯台(三重県)

Botantoudaiゴールデンウイーク真っ直中の今日更新する記事は、地元三重県鳥羽市の答志島Shimagasaki05にある島ヶ崎灯台(写真右上)であり、昨日4月28日に訪ねたばかりである。考えてみると、鳥羽の島々には、GWにばかり訪ねている。2007年には神島灯台に、2008年には菅島灯台を訪ねた。GWに遠出をする習慣のない自分にとって、日帰りで県内の灯台を訪ねるのは、最も充実した休日の過ごし方でもある。

Shimagasaki07chizu答志島は鳥羽港に近く、定期船で15分ほどで渡ることが出来る。島は東西に長く、島ヶ崎灯台へは、島の北西に位置する桃取港が便利である(地図左上:Mapfanより)。4年ぶりに鳥羽港を訪ねると、ターミナルが新しくなり、とても利用しやすい雰囲気に変わっていた。GWと言っても地元の利を生かし、早朝に訪ね始発の船で渡るため、駐車場をはじめ、ターミナルなどに人の姿は少ない。Shimagasaki01

桃取港につくと、地図を確認し、桃取小学校を目指した。その裏側からのルートが最も最短だからである。小学校の手前に灯台への道しるべが設置されてShimagasaki03おり、ちょうど小学校の裏側を通って山に向かう(写真右二番目)。すぐに左手に山に向かう道と、右手に畑沿いに進む道があるが(写真左中)、ここは方向的にも、直感的にも右手を選んだ。後で考えると、もし道を間違うとすればここくらいしかない。しばらくはずっと登りであるが、整備された遊歩道がそこから続く。ひとしきり登ると、答志島を縦走する遊歩道と合流している。私は、少し灯台とは反対の東側の遊歩道を登って、桃取港を見下ろしてみた(写真右三番目)。いつの間にかShimagasaki02かなり高くまで登っていたことに驚きつつ、晴天のGW、早朝からの心地よい汗と共に、景観や新緑を楽しみながら灯台を目指した。

一度少し下る途中にかなり巨大な貯水タンクがある。そこを過ぎるとアップダウンを繰り返して高圧電線の鉄塔に出る。船上から灯台を見たときに、その後方に大きな鉄塔が確認できており(写真左下)、もう少し先に灯台があるとわかった。鉄塔の立つ広場では一瞬進む方向に迷ったが、これも直感で進んだ右手奥に案内Shimagasaki08が表示されていた。

ほどなく細い道の右手に海が広がり、その先に灯台の姿が見えた。しかし右手の木々が邪魔して灯台の全景が見えづらい。幸いにも左手の断崖の手前に緑豊かな場所があり(柵を乗り越えて少し危険な場所ではあるが)そこからゆっくりと灯台を味わうことが出来た(写真右下)。灯台は、二段式に立っていて、船上から、つまり北側から見ると下段の部分が見えないため、スリムな形を想像していたが、実際には安定感Shimagasaki04のある形である。木々の隙間から北側の海も少し眺めることが出来る(写真右上)。

この日気温も高く、新緑の季節ですがすがしい。のんびりと写真を撮って時間を過ごしたが、菅島を訪ねたときに、帰りの定期船に飛び乗った記憶がよみがえり、半時間以上前には、港に向かうことにした。自宅には昼前には戻れて、GWの一日を充実して過すことが出来た。

|

« 潜戸鼻灯台(島根県) | トップページ | 大失敗(旧境港灯台:鳥取県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 潜戸鼻灯台(島根県) | トップページ | 大失敗(旧境港灯台:鳥取県) »