« 大岬灯台 | トップページ | 石見大崎鼻灯台(島根県) »

2012年6月25日 (月)

梅雨の季節の灯台巡り

Botanomake 梅雨の季節には、灯台を訪ねる機会が少なくなる。当然かもしれない。曇り空を背景に灯台の姿が似合わないことは十分承知しており、必然的に足が遠のいてしまうのである。また雨も降っておらず、天気予報も曇り時々晴れなどと予報していても、灯台にたどり着くと、曇天からポツポツと降り始めるということも何度か経験した。加えてもう一つ理由をあげると、灯台に続く道は地道(自然の土)のことが多く、ぬかるんでいたり、草木が濡れていて、足下が不安定なこともある。

しかし、そんな梅雨だからこそたどり着いた灯台に感動できることもある。曇天とは言え、雨に降られずに灯台を訪ねられたことが貴重に感じたり、梅雨にもかかわらず天気に恵まれたりすると嬉しくなるのだ。そこで今回は、私の中で梅雨の灯台巡りとして記憶に厚いものをいくKawanasaki1つか紹介してみたい。

川奈埼灯台(静岡県):なんと言っても、ゴルフ場の端に立つ灯台であるのに、ゴルフ場を通らずにそこにたどり着いた記憶が大きい。車が何とか通れる海寄りの道を進み、高台に広がるゴルフ場に、草木を払いのけながら、崖下から登るようにアプローチしてたどり着いたのである。灯台は何番目かのホールのグリーン奥に立っており、灯台下でうろうろ移動する私の姿は、きっとプレーヤーの集中を欠かせていたであろう。

橋田鼻灯台(愛知県):梅雨の晴れ間という言葉がピッタリの晴天の日に訪ねたのである。Hashidahana01更に、旅館の裏庭に立つという特殊な立地条件。初めての訪問であり、旅館の裏側を散策してようやくたどり着いたのであるが、後で知人から、旅館に話せば撮らせてもらえると聞き、次回は・・・と思いつつも、まだその後訪ねていない。一度この旅館に泊まって、準備万端で灯台の灯りを撮ってみるのもおもしろいかも?

三木埼灯台(三重県):7月最初の日曜日に、雨は降らないという情報のみを信じて向かMikisaki1った三木埼である。地元なのではあるが、かなり山歩きをしないとたどり着けないと言うことはわかっていた。訪問を楽しみにしていた灯台でもあり、もっと季節を選んでも良かったのに、なぜかこの日訪ねたくて強行した。それだけに思い出深い。

冒頭に、梅雨には灯台を訪ねる機会が少なくなると書いたが、いくつかの灯台が次々と思い出される。確かにこの時期に訪ねる灯台の数は少ないはずである。しかしだからこそ印象深いに違いない。梅雨の晴れ間を狙ってこれからも車を走らせそうである。

|

« 大岬灯台 | トップページ | 石見大崎鼻灯台(島根県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大岬灯台 | トップページ | 石見大崎鼻灯台(島根県) »