« 石見大崎鼻灯台(島根県) | トップページ | 大戸瀬埼灯台(青森県) »

2012年7月30日 (月)

真夏の灯台の思い出(番所鼻灯台と日ノ御埼灯台)

Botanomake 今回は、既に紹介した和歌山県南紀白浜の番所鼻灯台と同じく和歌山県の日ノBansyosaki5御埼を振り返ってみた。既に4年前の夏に紹介しており、今なぜ?と問われそうであるが、とにかく最近の暑さの中、思い出すのがこの灯台なのである。

2008年の海の日、この日はちょうど7月20日で連休だった。前日夜に白浜温泉に宿泊して、早朝に白浜海岸に足を伸ばした。この季節、休日の日中は白浜海岸は海水浴客で通行すらままならなくなるのはわかっていた。そこで夜明け前にBansyosakiengetujima1白浜海岸を訪ねたのであるが、驚いたことに、既に浜辺にはかなりの人数が場所取りをしていて、数名は既に泳いでいたのである。私はそんな中、海岸線の道を走って番所鼻までやって来た。まだ灯台は点灯しており、遠く四双島の灯台にも灯りが見えた。望遠レンズで覗くと、数名が上陸して釣りをしていたのにもすこし驚いた。

残念ながら番所鼻では灯台まで近づく事が出来なかったのであるが、その代わり有名な円月島の後方に満月があり、夜明け前の貴重な写真が撮れたのである。それにしても早朝から暑くて、その日灯台を巡る予定が無ければ、まだ十分に場所取りができた白浜の海岸で、海水の中につかりたい気分であった。Hinomisaki2

その後一度宿に戻り、朝食を取ってから御坊市に向かった。途中天神埼など灯台を巡ったが、御坊市を通り抜けて、日ノ御埼に着いたのがお昼前で、とにかく暑かった。気温は36度くらいだが、風があまりなく、とにかく汗が吹き出すのを感じながら日ノ御埼灯台を訪ねた。誰も人影はないが、真夏の日射しが照りつける中、白亜の灯台が、夏を象徴しているようで、更に周囲に植えられたフェニックスHinomisaki3_3がそれを演出していた。

既に紹介した灯台で、今更新たに語ることなどないのであるが、最近の暑さを感じながら、なぜか懐かしく、あの暑さの中でもう一度訪ねたい気持ちになっているのが、少し自分でも興味深く感じて、もう一度取り上げてみた。

ちなみに、全くの蛇足であるが、何故南紀白浜のアドベンチャーワールドでは、あんなにパンダが多くいて、出産も成功しているのに、ニュースにならないのか不思議である。

Hinomisaki3_2

|

« 石見大崎鼻灯台(島根県) | トップページ | 大戸瀬埼灯台(青森県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石見大崎鼻灯台(島根県) | トップページ | 大戸瀬埼灯台(青森県) »