« 梅雨の季節の灯台巡り | トップページ | 真夏の灯台の思い出(番所鼻灯台と日ノ御埼灯台) »

2012年7月21日 (土)

石見大崎鼻灯台(島根県)

Botantoudai私的なことだが、少し体調を崩して定期的な時期での更新が遅れてしまった。不思Ishimioosakihana03_2議なもので、体調が悪いときには普段何とも思わないような行動すら輝きをおびて感じる。今回紹介する島根県江津市に立つ石見大崎鼻灯台(写真右上)を訪ねたとき、灯台へアプローチする道を少し悩んだことや、灯台を目指す過程で着目したちょっとした物は、いつもならここで取り上げないかもしれない。しかし、健康に感謝するとそう言ったちょっとしたことを取り上げたくなる。

Ishimioosakihana07chizuIshimioosakihana08chizu石見大崎鼻灯台は、石見海浜公園の一角に立っている。とは言え地図(地図左上:Mapfanより)を参照していただきたいが、海浜公園は三カ所存在している。勿論灯台が立つ公園を迷うことはないのであるが、問題はアプローチである。公園の一角に立つ以上、ルートは整備されていると思って近づいたのであるIshimioosakihana05が、東側にある小学校側から訪ねたので、その道が荒れていて、少し不安を抱くIshimioosakihana04_2ほどであった。公園の中に入ると、歩道は整備されており、しかも道にプレートが埋め込まれている(写真右中)。石見神楽や島根県の魚はトビウオ・・・などと知識を確認しつつ灯台を目指した。

灯台の立つ埼の東側はきれいな白砂の海岸線が続いている。途中散り始め葉桜に変わりつつある桜越しにその海岸を眺めると、あいにくの曇天ではあるものの景観をより楽しむことが出来た。

Ishimioosakihana02灯台周辺は、歩道から続く雰囲気のままであるが、先ほどまで見てきた東側の海岸線を描いた絵が案内板として掲げられている(写真左中)。燈光会や海保庁の看板ではなく、こう言った地元の案内板は楽しませてくれる。実際の景観と見比べながら景観を楽しんだ。

灯台は真っ白な光が使われているらしく、夜にその姿を見ればより楽しめるかもIshimioosakihana01しれないが、曇天の日中、外観的には特色的なものは感じにくかった。しかし灯台の後方、左後方から景観を楽しむことが出来て、海を背景に灯台が見られる、私のお気に入りの構図である(写真右下)。晴天に是非訪ねてみたい。

|

« 梅雨の季節の灯台巡り | トップページ | 真夏の灯台の思い出(番所鼻灯台と日ノ御埼灯台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の季節の灯台巡り | トップページ | 真夏の灯台の思い出(番所鼻灯台と日ノ御埼灯台) »