« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

艫作埼灯台(へなしさき)(青森県)

Botantoudai今回紹介する灯台は艫作埼灯台(写真右上)である。読み方がわかる人は少ないとHenashisaki2思い、『へなしさき』と仮名をふらせていただいた。実は、私は何度も読み方を忘れてしまい、訪ねる時にも忘れていて、灯台への道を人に尋ねることがあったら、どうしよう?などと考えていたのである。幸い迷うことも無くこの灯台の入り口に到着した(写真左上)。この灯台を通り過ぎて先進むと、不老不死温泉があり、更にこの周Henashisaki7辺は黄金崎と呼ばれている(地図右二番目:Mapfanより)、何か神秘的でもあり、ありがたい場所のようにも感じつつ、入り口近くの路肩に車を止めた。

2012年の夏に、青森から車で日本海側に出て、徐々に南下して灯台を巡ったのであるが、Henashisaki8chizu既に紹介した大戸瀬埼灯台の次に立ち寄ったのが、この艫作埼である。2007年に龍飛埼から陸奥湾に沿って下北半島、そして太平洋側に出て、八戸まで巡っHenashisaki1ていたため、ほぼ青森県の灯台を巡った気になっていた。今回の訪問で、本当に青森県の灯台を制覇したことになるわけであるが、今回巡った日本海側の灯台は、2007年に巡った灯台とは異なった印象を私に与えてくれた。Henashisaki4_2

灯台につながる歩道も整備されているが、夏草が道を隠すように覆い茂っている。そんな中進むと、正面に立派な灯台が立っていた。訪ねたのは、午後3時頃だったが、まだ日も高いのに、夕暮れ時に感じる様な、何かもの寂しい感覚Henashisaki3を、その姿は私に抱かせた。正面の門越しに灯台を見ると、見た目には大きく立派である(写真左二番目)。同じ青森県で、立派な灯台と感じた鮫角灯台よりも少し背も高く23.7mある。

門は鍵こそかかっていないが、頑丈な門。もちろん開けて敷地内に入ったのであるが、ゆったりとした敷地にそびえる灯台が、どの方角からも魅力的に見える。太陽を正面に灯台Henashisaki6を見ると(写真右三番目)、後方に日本海が見える。既に日本海を意識してしまった私には、このアングルすらもの寂しく感じられた。太陽を背に灯台を見上げると、後方には真っ青な夏空が広がり、少しだけ気分も変わった(写真左三番目)。しかし、もう一度ベストアングルと思われる、門に近い所から灯台の立つ風景を眺めると、やはり落ち着いていると言うか、もの寂しいHenashisaki5印象を与えてくる(写真右下)。少し姿勢を低くして灯台を眺めると、灯台の立派さが引き立つのだが、心に浮かんだ、そのイメージは消えることはなかった(写真左下)。

この後、徐々に夕焼け色に変わっていく日本海の海岸線を移動して秋田県に向かったことも原因の一つかもしれないが、読み方すら知らずに訪ねた艫作埼灯台は、立派さとか大きさとかよりも、どことなく感じるもの寂しさが、私の中では印象に残った。

 

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

塩瀬埼灯台(秋田県)

Botantoudai今回紹介する灯台は、前回紹介した船川灯台のすぐ近くに立つ塩瀬埼灯台(写真Shiosezaki1_3右上)である。秋田県男鹿半島の南東部分となるが、この周辺は海水浴や海のレジャーには最適な行楽地であり、私が訪ねたこの日がお盆過ぎの日曜日と言うこともあり、かなりの家族連れで賑わっていた。特に尾男鹿半島は入道埼まで全体が観光地でもあり、従ってそこにつながるこの周辺は特に混雑していた様に感じる(地図左上:Mapfanより)。しかし、首都圏や私の住む中京圏のShiosezaki5chizu混雑などと比べれば車も流れていて、渋滞と言った印象ではない。ただ私としては、灯台周辺にまで人がいたことで、趣のある灯台撮影ができなかったことは残念と言わざるをえない。

塩瀬埼と言う地名で紹介するよりも、もしかすると、ゴジラ岩(写真右中)と言った方が聞き覚えのある方も多いかもしれない。この塩瀬埼は、ゴジラ岩と称される形をした岩が有名Shiosezaki2_2で、観光地として紹介しているスポットである。この岩の周辺にはこう言った奇岩がいくつか集まっているのだが、その南側先端の岩の上に灯台が立っている。私が訪ねたのはちょうど昼頃だったが、多くの家族連れがパラソルを広げたりしつつも、岩場で海遊びをしたりして楽しんでいた(写真左下)。とても灯台だけを狙って、趣味の写真を撮れる雰囲気ではなかった。

Shiosezaki4_2とは言うものの、なんとか人が写らない場所を探して岩から岩に登ったりしつつ移動したが、近づいてみると、灯台の周辺に家族連れが陣取っているのである。結局ある程度離れて、人の姿を岩の陰に隠す形で、何とか人が写らない写真を撮った。だがこれが限度であった(写真右下)。Shiosezaki3

お気に入りの灯台写真が撮れなかったからではないが、ゴジラ岩について少し語っておきたい。私が見た男鹿半島の観光案内サイトでもゴジラ岩は載っていた。有名なのだろうと思って道を進むと、ゴジラ岩の看板も道沿いにあった。しかし岩場の間にある自然の駐車場に降りて車を止めると、どちらの方向にゴジラが岩があるのか案内もなくわからない。灯台の写真を撮るためにうろついていた私は、たまたまその正面にたどり着いたのであるが、あれだけ宣伝しているのなら、案内表示くらいあってもいいのに・・・と思ってしまった。ちなみに、このゴジラ岩は東Shiosezaki6側から見ると、もっともゴジラらしい。当然夕日はゴジラの向こう側に傾いていく。夕焼けの日にはゴジラが燃えて見えるはずである。(写真左下:男鹿ナビサイトから)

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

船川灯台(秋田県)

Botantoudai今回紹介する灯台は、秋田県の男鹿半島南東に立つ船川灯台(写真右上)であFunakawa4る。男鹿半島は、本当に風光明媚な景観にあふれていて、特に入道埼から南につながる海岸線沿いは、まさしく日本列島の形成を物語るような地形で、観光船も多く出ている。船川灯台は、そんな男鹿半島の南側で、付け根部分に近い(地図左上:Mapfanより)。

Funakawa1chizu秋田市内を抜けて海岸線を北に進むと、昔は社会の教科書に載っていた八郎潟、今は調整池となった場所を通り左手前方に男鹿半島が見えてくる。知っている人は多いかもしれないが、この男鹿半島の付け根部分に国家石油備蓄基地(写真右中:携帯にて撮影)があり、これがとてつもなく大きい。ここを過ぎると船川港が見え、その向こう側の道より内陸側の小さな山に灯台の姿が見えてくる。遠目でも気づく紅白の灯台である(写真左中)。Funakawa6_2

車での登り口は見つけることが出来ず、まずは、遠くから59号線の道沿いに歩いて、色んな角度から眺めてみた。どの角度からも灯台の姿は確認できて、男鹿半島と言うより、石油備蓄基地周辺の航行の安全のために欠かせない灯台であることが良くわかる。

Funakawa2ころが、さすがにいい気になって歩いていると、予想以上に歩き疲れて、いざ登り口を探そうと思うときには、勢いも衰え、しかも登り口が探せずに駐車した場所まで戻ってしまうと、もう登る気力が無くなってしまった。結局言い訳となってしまったが、灯台まで近づく事はせずに、次の目的地に向けて出発したのである。Funakawa3

後日、先に訪ねた方々のHPなどを読むと、どうやら私が歩いて探していた場所に登り口があったらしい(写真右下)。おそらく真夏のことでもあり、草木が覆い茂っていて見落とした可能性が高い。だとすれば、草木を振り払いながら登る気力は無くなっていたかもしれず、結果的には良かったのかもしれない。

Funakawa5実はこの日、もう一度男鹿半島の付け根まで一度戻って、男鹿半島の西北の先端、入道埼を訪ね、その帰りにもう一度この船川灯台を見ながら、56号線を走った(写真左下)。車からでも、灯台の姿は早くから視界に入り、そして船川港を過ぎて石油備蓄基地辺りまで、その姿が確認できた。働き者だな~と言う印象を抱きながら、秋田市内へと戻った記憶が、何故か鮮明である。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »