« 船川灯台(秋田県) | トップページ | 艫作埼灯台(へなしさき)(青森県) »

2012年10月15日 (月)

塩瀬埼灯台(秋田県)

Botantoudai今回紹介する灯台は、前回紹介した船川灯台のすぐ近くに立つ塩瀬埼灯台(写真Shiosezaki1_3右上)である。秋田県男鹿半島の南東部分となるが、この周辺は海水浴や海のレジャーには最適な行楽地であり、私が訪ねたこの日がお盆過ぎの日曜日と言うこともあり、かなりの家族連れで賑わっていた。特に尾男鹿半島は入道埼まで全体が観光地でもあり、従ってそこにつながるこの周辺は特に混雑していた様に感じる(地図左上:Mapfanより)。しかし、首都圏や私の住む中京圏のShiosezaki5chizu混雑などと比べれば車も流れていて、渋滞と言った印象ではない。ただ私としては、灯台周辺にまで人がいたことで、趣のある灯台撮影ができなかったことは残念と言わざるをえない。

塩瀬埼と言う地名で紹介するよりも、もしかすると、ゴジラ岩(写真右中)と言った方が聞き覚えのある方も多いかもしれない。この塩瀬埼は、ゴジラ岩と称される形をした岩が有名Shiosezaki2_2で、観光地として紹介しているスポットである。この岩の周辺にはこう言った奇岩がいくつか集まっているのだが、その南側先端の岩の上に灯台が立っている。私が訪ねたのはちょうど昼頃だったが、多くの家族連れがパラソルを広げたりしつつも、岩場で海遊びをしたりして楽しんでいた(写真左下)。とても灯台だけを狙って、趣味の写真を撮れる雰囲気ではなかった。

Shiosezaki4_2とは言うものの、なんとか人が写らない場所を探して岩から岩に登ったりしつつ移動したが、近づいてみると、灯台の周辺に家族連れが陣取っているのである。結局ある程度離れて、人の姿を岩の陰に隠す形で、何とか人が写らない写真を撮った。だがこれが限度であった(写真右下)。Shiosezaki3

お気に入りの灯台写真が撮れなかったからではないが、ゴジラ岩について少し語っておきたい。私が見た男鹿半島の観光案内サイトでもゴジラ岩は載っていた。有名なのだろうと思って道を進むと、ゴジラ岩の看板も道沿いにあった。しかし岩場の間にある自然の駐車場に降りて車を止めると、どちらの方向にゴジラが岩があるのか案内もなくわからない。灯台の写真を撮るためにうろついていた私は、たまたまその正面にたどり着いたのであるが、あれだけ宣伝しているのなら、案内表示くらいあってもいいのに・・・と思ってしまった。ちなみに、このゴジラ岩は東Shiosezaki6側から見ると、もっともゴジラらしい。当然夕日はゴジラの向こう側に傾いていく。夕焼けの日にはゴジラが燃えて見えるはずである。(写真左下:男鹿ナビサイトから)

|

« 船川灯台(秋田県) | トップページ | 艫作埼灯台(へなしさき)(青森県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 船川灯台(秋田県) | トップページ | 艫作埼灯台(へなしさき)(青森県) »