« 私のお気に入りの灯台Vol.6 | トップページ | 入道埼灯台(秋田県) »

2012年11月26日 (月)

金浦漁港灯台(秋田県)

Botantoudai今回紹介する灯台は、秋田県の南にある、にかも市に立つ金浦漁港灯台(写真右Kanaurakou02上)である。山形県の羽後三埼灯台を以前に紹介したが、ここから海岸線に沿って秋田県を北上し、最初の灯台である(地図左上:国土地理院より)。ちなみに、何度か書いてきたが、私のブログで紹介する灯台は、原則として自然の岩や土の上に設置された灯台を取り上げており、堤防などの人工に設置された灯台は紹介していない。

Kanaurakouchizu1と偉そうに書いたが、ここ金浦漁港灯台では、直接渡る橋があるにも関わらず、対岸に出てしまい、遠景からの撮影となってしまい、訪ねたことにはならないかもしれない。それほど暑さは感じない夏の日であったが、早朝から移動して羽後三埼灯台を訪ね、少し汗をかいた状態で、車に乗り込み汗が乾いた頃に漁港に着いた。灯台の立つ島の対岸に着いてしまったことに気づいたが、ナビを責めるわけにもいかず、望遠での撮影となった。

複雑な防波堤の作りのために(写真右下)、外洋が背景に写らない。本当に港に戻るための標識的なKanaurakou01役割なのだろうと考えつつも、灯台のすぐ隣にある祠に目が行った。何度か紹介してきたが、灯台の立つ近くに祠や神社があることは多い。八百万の神様以上に、灯台が人々の安全のために役立っているのだと改めて感じた(写真左下)。

Kanaurakou03〇〇漁港と名がついた灯台を記事にするのは珍しい。一般に漁港では、灯台や標識灯として堤防や防波堤に立つことが多く、私が取り上げることが少ないからである。しかし、漁港として人々の生活を支えてきた歴史は古いはずであり、どんな漁港の灯台にも多くの歴史があり、海に出て行く人たちを守り続けているわけである。祠や神社が近くに築かれるのは、当たり前かもしれない・・・と思いつつも、灯台には近づく事なく次の目的地に向かった。

|

« 私のお気に入りの灯台Vol.6 | トップページ | 入道埼灯台(秋田県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のお気に入りの灯台Vol.6 | トップページ | 入道埼灯台(秋田県) »