« チコギ埼灯台(秋田県) | トップページ | 潮岬灯台(和歌山県) »

2013年4月24日 (水)

私が灯台を巡るワケ

Botanomake 前回のブログ更新も遅れたが、今回も遅れている。私的な言い訳であるが、ここのところ何かと多忙で、灯台巡りに出かける時間が持てない。灯台を訪ねていないと、新たな記事をアップする気になれないのである。まだ記事にしていない灯台も多数あり、ネタIsozukouminami02が尽きたと言うわけではない。ただその感情と言うか、灯台巡りを楽しむ心の盛り上がりが無いと記事をまとめにくいのである。

灯台を巡ったときの感情、心の盛り上がりと書いたが、それがどんな物なのか?と問われると、おそらく私が灯台巡りを続けている理由につながると思う。そこで、今回はおまけ話と言うより、私が灯台を巡る理由をまとめてみることにする。と言うことで、今回はつまらないおまけ話の記事です。

Joujinmisakiyamahousi2006年4月にこのブログを始め、最初に『灯台巡りへの経緯』や『灯台にある物とは?』で灯台巡りを始めた理由などを語りました(今読み返すと照れますが・・・)。確かにここで語った理由で灯台巡りを始めたのですが、現在続けている理由は別の所にあると思っています。2009年の6月に『もう一度初心に戻って』と言うブログ記事を、自分に宛てて灯台巡りへの思いをまとめました。ここで書いたように、私は決して灯台その物に惹かれているわけではありません。「この灯台は、第〇灯で、〇レンズを使用し・・・」などと語る気持ちも無く、その知識もありません。また、一つでも多くの灯台を巡り、それKawajirimisaki1を並べて悦に入りたいわけでもありません。ただ灯台が立つ風景を求めて、気ままに旅がしたいのです。

心のどこかに、originalityを求めていることも否定しません。誰もが訪れる観光地よりも、誰も見たことが無いであろう景色を訪ねOkinoshima3てみたいと思います。そんな時に、ただ当てもなく彷徨うのではなく、灯台と言う目的地を持って訪ねているのです。このことは何度も書いてきましたが、人工産物にして自然の景色の中に、灯台ほど溶け込んでいるものは無いと感じています。つまり灯台が立つ風景は、私にとっては一つの観光地なのです。であるなら灯台の立つ風景を訪ねる過程で、そこでしか味わえない景観、オリジナリティのある景観はたくさんあるわけですから、それも一緒に楽しんでしまえ!と言うのが私の灯台巡りのスタイルで有り、醍醐味なのです。

観光地に立つ灯台もあります。そして観光地に近い場所に立つ灯台もあります。しかしほとんどの灯台は、誰も訪ねることの無いような岬や埼の木々に囲まれた場所に立っています。そしてそんな灯台から眺める海原や、そこに沈む夕日に昇る朝日、そして波打つTenjinsakimaruyama3岩肌などの景観はオリジナリティにあふれ、間違いなくオンリーワンなのです。

(写真)右上:磯津港灯台の冬の景色:右後方は四日市の石油コンビナート(三重県)、左上:常神岬灯台へ続く山道の途中に咲いていたヤマホウシ(福井県)、右中:川尻岬灯台への道(山口県)、左下:館山港沖島灯台前の海岸(千葉県)、右下:天神埼丸山灯台(和歌山県)

|

« チコギ埼灯台(秋田県) | トップページ | 潮岬灯台(和歌山県) »

コメント

こんにちは、日本の灯台は素敵です、私も行って見たいです。私は台湾の灯台愛好者JACKIEです。台湾も34個灯台があります。最近小生もFBでブログを作りました、じきに更新します。以下は小生のブログです。参考してください。https://www.facebook.com/jackierika


台湾灯台愛好者  JACKIE より

投稿: JACKIE | 2013年5月 6日 (月) 21時51分

JACKIEさん、コメントありがとうございました。
日本の灯台は全て合わせると3000基以上。まだまだ巡りには時間がかかりそうですが、海外の灯台との違いは味わってみたいです。ブログ拝見させていただきますね。

投稿: hide | 2013年5月 7日 (火) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チコギ埼灯台(秋田県) | トップページ | 潮岬灯台(和歌山県) »