« 津埼灯台(長崎県) | トップページ | 樺島灯台(長崎県) »

2013年11月 1日 (金)

初埼灯台(長崎県)

Botantoudai今回は、前回のブログでも書いたように、佐賀県と思っていた長崎県、福島の先端Hatsusaki5に立つ初埼灯台(写真右上)を紹介する。私の灯台巡りは、原則として自然の土の上に立つ灯台を紹介しており、堤防などの人工物や海中に立つ灯台は除いている。今回紹介する初埼灯台は、訪ねるまで島の先端部分に立っていると信じていたのであるが、訪ねて初めて海中であることを知った。とは言え、限りなく周囲の岩礁にも近いことからお許しをいただいて紹介させていただく(誰も許すとも許さないとも思わないであろうが)。

Hatsusakicjizu1伊万里で一泊した自分は、佐賀県を訪ねた唯一の記念としてこの初埼灯台を目指したのであるが、結局長崎県と言うことで、佐賀県の灯台には立ち寄っていないことになる(地図左上:Mapfanより)。伊万里の中心部から車を進めると、福島につながる橋に渡るために左折する。高い位置でつながっており、ほぼ水平に移動するため橋を渡っているという感覚は景色を見ていないと感じない。福島に入ると、ヒマワHatsusaki4リ畑があったりして目を楽しませてくれたが、思わず車を止めて景観を楽しんだのが、棚田である。背景が海であり、水が入った頃の西日がきらめく景観は素晴らしいだろうと考えずにはいられなかった(写真右中)。

初埼は全体に公園として整備されていて、先端は海水浴場となっている。Hatsusaki2朝も早かったためか、幸い車も少なく、一番奥の駐車場に車を駐めることができた。砂浜に出ると、先端に灯台の姿が確認できる。浜辺から少し奥に一件だけ大きな海の家があるが、時間的にだろうがまだ開いていなかった。既に猛暑とも言える中、各種ジュース、かき氷、ビールの看板の文字に目が向いてしまった。浜辺Hatsusaki1を歩いて灯台側に行くと、砂が固まって出来た岩肌(手で触るとボロボロと崩れてくる)となっている(写真左中)。この時灯台は少し離れた海中に立っていることを知った。きっとこのもろい岩礁が徐々に崩れて海中になったんだろうな~とか、温暖化で水位が上がったからなのか~などとつまらない言い訳を考えて岩Hatsusaki3肌を渡りながら写真を撮った。

少し離れて砂浜から見ると岩の上に立っているようにも見える。離れすぎると角度的に灯台が岩と重ならなくなる(写真右下)。結局お気に入りの一枚は、灯台が岩と重なって見える一枚となった(写真左下)。

|

« 津埼灯台(長崎県) | トップページ | 樺島灯台(長崎県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 津埼灯台(長崎県) | トップページ | 樺島灯台(長崎県) »