« 地蔵埼灯台(香川県小豆島) | トップページ | 猿の集団に囲まれて »

2014年9月19日 (金)

灯台の立つ風景を訪ねてみませんか。

Botanomake 数年前に、産経デジタル『iza』と言うフジサンケイグループのサイトから、ブログの依頼があった。何かを専門的に打ち込んでいる方々のブログサイトに灯台巡りの記事を書いて欲しいと言うのである。責任を感じつつも、お引き受けすることにして、『私の灯台巡り』とは異なった視点で考え、その行程や雑談などは省いて、ただただ感動していただけるような風景写真を中心に、簡単な旅行記でまとめて、読者に灯台を訪ねたくなるようなブログを狙った。タイトルは、「灯台の立つ風景を訪ねてみませんか」であった。

当初アクセス数も伸びず、『私の灯台巡り』でも「灯台好きの皆様に・・・」と言うタイトルでアクセスをお願いしたこともあった。続けている間にコメントをいただいたり、どうやって行ったらよいのか?と行った質問のコメントもいただくようになり、お引き受けしただけの効果はあったかなと実感しつつあった。

しかし、ネット時代の移り変わりは速い。あれだけ依頼されて引き受けたブログだったが、サイト全体としてのアクセスに陰りがあったのだろうか?突然廃止しますから、これまでありがとうございました、の連絡だけでブログサイトは中止となり、更にはその後サイト自体も消去されてしまった。わざわざブログをダウンロードしておらず、今となってはどんな文章や写真を載せていたかさえもわからない。

Sadonagatemisaki4_2

さて、回りくどいことを書いてしまったが、この『私の灯台巡り』に、「灯台の立つ風景をたずねてみませんか」と言うサブコーナーを作って、選りすぐりの写真を中心に、記事を少なめにまとめ、一人でも多くの方に興味を持ってもらおうと考えたのである。

私にとって、灯台巡りの醍醐味は、人知れず立っている灯台を、岬の林や埼の岩場を歩いて訪ねて、多くの方が目にすることのない「灯台の立つ風景」に出会うことである。景観がよく、その姿も美しい灯台は名所になって観光地化されていることも多い。しかし日本に三千基以上ある灯台。皆さんが知らない素晴らしい景観に立つ灯台もあります。

これから新たに『灯台の立つ風景を訪ねてみませんか』のコーナーもまとめていきますが、これまで通り灯台巡りの記事(最近は時間の関係でペースが落ちていますが)も続けていきますので、よろしくお願いいたします。

|

« 地蔵埼灯台(香川県小豆島) | トップページ | 猿の集団に囲まれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地蔵埼灯台(香川県小豆島) | トップページ | 猿の集団に囲まれて »