« 2014年度の反省、そして2015年の活動へ | トップページ | 神島灯台 再訪(三重県) »

2015年5月 4日 (月)

玉江港灯台(山口県)

Botantoudai_2「ようやく!」と言っていいくらい灯台巡りに出かける時間が久しぶりに取れた。他の予定に組み込む形で時間を入れて出かけたのだが、理由はともかくも、久しぶりの灯台巡り

Gyokuekou04

に、気持ちが高まって、雨を呼び込んでしまったようである。あいにくの天気の中、山口県萩市にある玉江港灯台を訪ねた。雨滴がレンズに付くような雨風だったが、写真は修正せずに掲載させていただきました。

新幹線で新山口まで。そこからレンタカーだが、高速道路(現在は無料区間)もあり萩までは随分近く感じた。訪ねたその日は萩市近郊の灯台巡り。一泊して翌日は萩市内観光と島根県境の灯台巡りと考えたが、初日が風雨で翌日は晴天。天は私を見捨てたとのか助けたのか?

Gyokuekou06

今年はブームとなっている萩。駅周辺や道路を移動していても、大河ドラマとコラボした看板が目に付く。萩市内をぐるっと車で巡った後に、西側に立つ玉江港灯台を目指した。久しぶりの灯台巡り?ってことで勘が働かなかったのか、随分遠くに車を止めて、雨の中歩いて灯台の立つ海岸を目指した。海岸に出ると橋本川を挟んで後方には萩城跡がある指月山が見える(左下地図)。

Gyokuekou12

灯台は、小さな岩山の上に立っている(写真右下)。遠くから気づいていたが、登り口には鳥居があり、灯台の奥に祠があるのが見える。近づいて驚いた。「厳島神社」なのである(写真左上)。赤い鳥居、赤い祠、そして赤い灯台。ふと京都府に立つ三津港島堤灯台を思い出した。確か同じような赤い小さな灯台で岩山の上に立っていたはずである。

祠にお参りしてから、灯台の写真を撮ったが、風雨が強く、傘をさしても雨滴がレンズに付く。

Gyokuekou09

灯台巡りでは、滅多に雨に降られない自分なのだが、久しぶりの灯台巡りの喜びが勝ったのか、厳島神社のご利益なのか、楽しくて仕方なかった。

Gyokuekouchizu11

少し岩山から離れて、萩市内方面に目を向けると、風雨に霞んで歴史ある町並みが広がっている。高い建物がなく、街全体が平坦に見え、そのわずか上空を雨雲が漂っていた。何かしら重いものを感じ、翌日晴天の中萩市内を散策した夏みかんの景観(写真左中)より、この時の情景が心に残っている。

|

« 2014年度の反省、そして2015年の活動へ | トップページ | 神島灯台 再訪(三重県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年度の反省、そして2015年の活動へ | トップページ | 神島灯台 再訪(三重県) »