« 大王埼灯台(三重県) | トップページ

2017年4月25日 (火)

長崎鼻灯台(鹿児島県)

Botantoudai_2今回は、竜宮伝説がある鹿児島県長崎鼻に立つ長崎鼻灯台を紹介する。

Nagasakihanakagoshima6

竜宮伝説と言っても、各地に残る浦島太郎の物語のひとつと思って訪ねたが、詳細な説明看板を読み、竜宮門と言われる穴の空いた岩礁や、少し離れた砂浜がアオウミガメ産卵地であることを知り、ここが本物と思い込んでいる自分に気づいて少し口元が緩んだ。しかししっかり観光地となっていて、土産物屋さんが並び、竜宮神社や浦島太郎の銅像もある。もっと驚いたことは、中国からの観光客も訪ねてくることである。指宿温泉や開聞岳など観光地が多いとは言え、日本の昔話にまつわるこの地まで・・と少し驚かされた。

*

Nagasakihanakagoshima1

晴れ男と周囲から認められている私であるが、この日は雨。開聞岳も雲の合間から時々見える程度の中、長崎鼻に着いた。無料駐車場は、鼻につながる道のかなり手前にあるため、奥の土産物屋の人が手招きして有料駐車場に誘い込もうと必死であるが、私は観光では無く、灯台巡りであり、駐車場代を払うことを良しと思っておらず、悩むことなく無料駐車場に駐めた。

Nagasakihanakagoshima5

*

晴天であれば広がる海を背景に、小さいが長崎鼻灯台はもっと絵になるかもしれない。しかしこの日の天気は、玉手箱を開けたときの煙のように雨に霞んで景観はきわめて悪い。今回本土最南端の佐多岬には足を伸ばしておらず、二番目に最南端である長崎鼻灯台からの景観を楽しみにしていただけに残念であった。それでも周囲の岩礁で形成された地形はなかなかのもので、灯台下から岩肌で続く平坦な場所もある。天気が良かったら、きっと降りて見上げて灯台の写真撮るだろうな~、と思いつつ近づくと、中国からのカップルが雨にも負けずにその場所に降りて、海を背景に自撮りに励んでいた。

Nagasakihanakagoshimachizu

Nagasakihanakagoshima3

*

鹿児島に来たのは、遠い昔高校の時の修学旅行以来である。開聞岳はしっかり記憶に残っているが、長崎鼻の記憶は無い。確かに修学旅行で訪ねる場所ではない。ただ、池田湖から開聞岳を見た記憶がある。この池田湖は、ネッシーならぬイッシー恐竜が居るとして有名になったが、それは修学旅行よりずいぶん後のこと。今であれば、間違いなくイッシーの話をするはず。だとすれば、長崎鼻を訪ねてこそいないが、バスガイドさんであれば、竜宮伝説として長崎鼻について、きっと話をしていたに違いない・・・。そんなことを考えつつ、空を見上げて雨雲を少しだけ恨んで灯台を去ることにした。灯台の写真を狙うと言う目的も有り、雨の中で長い時間いたと思ったのであるが、さきほどの中国からのカップルは、私が去るときにも棒に付けたスマホで自撮りを行っていた。

|

« 大王埼灯台(三重県) | トップページ

コメント

あまりコメントは残していませんが、いつも拝見させていただいてますよ♪久々の更新でしたね(笑)待ってました。

明日、家族旅行で伊勢志摩に一泊しますが、大王埼・安乗埼など訪問できたらなあ…なんて思いつつ、家族で灯台好きは私一人のため、即却下でしょう(>_<。)
例年は伊良湖に一泊し、神島灯台を遠目に湯船に浸かるんですが、今年は灯台無しのGW旅になりそうです。

それでもしっかり5月3日には地元の御前埼灯台特別参観には行きました。幼い子供たちはまっったく興味ナシ!でしたが、地道にマインドコントロール(笑)していけば、いつの日か「灯台行きたい!」なんて言ってくれるんじゃないかと夢見て…。

長々と自分の事ばかり書いてすみませんでした…。
お仕事でお忙しいでしょうが、また気長に更新待ってますね!

投稿: こうめ | 2017年5月 4日 (木) 21時41分

こうめさん。コメントありがとうございます。

最近は灯台巡りの時間が取りにくく、更新が遅れますが、今後もまだ訪ねていない灯台や再訪の灯台を紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

御前崎の参観行かれたのですね。なかなか灯台好きって人は少ないですが、私のようにただ立つ姿が良いと思っている人は多いはずですよね。このブログを参考に訪ねていただけたら~っていつも思っています。

話が飛びますが、夜の伊良湖岬灯台と神島灯台の点灯を一枚の写真に入れてみたいと思いつつ、機会が持てずにいます。近い灯台で再訪して狙いたい写真の一つです。

ご家族様で灯台を訪ねられたら最高ですね。
これからもマイペースで更新しますので、お付き合いいただけたら幸せです。

投稿: hide | 2017年5月 6日 (土) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大王埼灯台(三重県) | トップページ